企業治験

アルツハイマー病の初期または軽度~中程度の患者に対するRO7126209の静脈内投与による安全性、忍容性、薬物動態、薬理学の評価を行うランダム化、二重盲検、プラセボ対照、反復投与用量漸増、並行群間比較試験

治験詳細画面

目的


この治験は、アルツハイマー病の初期段階から中程度の患者を対象に、新しい薬RO7126209の静脈内投与による安全性や効果を評価するための試験です。ランダム化やプラセボ対照などの方法を用いて行われ、治療の効果や副作用などを調べます。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

アルツハイマー病

フェーズ1

参加条件


この治験に参加できる人は、50歳以上85歳以下の男性・女性です。治験パートナーがいる人や、神経心理学的検査に十分な視力や聴力がある人、軽度~中等度のアルツハイマー型認知症の人、特定のスコアや検査結果がある人、治療を受けている人、APOE遺伝子型検査に同意する人が対象です。ただし、他の神経疾患や過敏症の既往がある人、MRI検査で特定の所見がある人、治験薬の点滴期間を早期に中止した人、ヘモグロビン値が低い人は参加できません。

治験内容


この治験は、アルツハイマー病の治療法を開発するために行われています。治験のフェーズはフェーズ1で、介入研究と呼ばれる方法で行われます。治験の主要な目的は、治療法の安全性を評価することです。安全性は、被験者に副作用が発生する割合や、PET検査によって脳アミロイド量がどのように変化するかを調べることで評価されます。また、薬物動態や薬力学などの評価も行われます。治験に参加する被験者は、治療法の開発に貢献することができます。

利用する医薬品等


一般名称

RO7126209 (Trontinemab)

販売名

なし

組織情報


実施責任組織

F. Hoffmann-La Roche

東京都中央区日本橋室町2-1-1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。