特定臨床研究

高齢者の肺がん手術後の治療におけるAtezolizumabの効果を調べる臨床試験(LOGIK2301)

治験詳細画面

目的


LOGIK2301は、高齢者のII/III期非小細胞肺癌患者に対して、手術後のAtezolizumab治療の有効性を調べる臨床試験です。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

非小細胞肺癌
小細胞肺癌
肺癌

フェーズ2

参加条件


この治験に参加するための条件は、75歳以上で、男性でも女性でも参加できます。参加するためには、手術でがんを完全に取り除いた後、化学療法や放射線療法、免疫療法などの治療を受けたことがなく、PD-L1というタンパク質が腫瘍細胞の1%以上に存在する非小細胞肺がんである必要があります。また、他のがん種に対して抗PD-1抗体、抗PD-L1抗体、抗CTLA-4抗体などの治療を受けたことがないことも条件です。さらに、白血球数、好中球数、ヘモグロビン、血小板数、AST、ALT、総ビリルビン、クレアチニンクリアランス、PaO2、SpO2などの規準を満たしていることが必要です。治験に参加する前に、患者本人から文書による同意が得られていることも条件です。ただし、自己免疫疾患や重篤な合併症、精神疾患、妊娠中の女性など、いくつかの除外基準があります。担当医師が不適当と判断した場合も参加できません。

治験内容


この治験は、新しい治療法を試すための研究です。対象疾患は、非小細胞肺癌です。治験のフェーズは、フェーズ2で、治験に参加する人たちは、新しい治療法を受けます。治験の主な目的は、試験治療を完遂することです。また、1年間の無病生存割合や全生存割合、治療後の補助療法の完遂率、治療の安全性なども評価されます。

利用する医薬品等


一般名称

アテゾリズマブ、シスプラチン、ビノレルビン酒石酸塩

販売名

テセントリク点滴静注840mg/1200mg、ランダ注10mg/20mL / ランダ注25mg/50mL / ランダ注50mg/100mL等、ナベルビン注10 / 40,ロゼウス静注液10mg / 40mg

組織情報


実施責任組織

独立行政法人国立病院機構九州がんセンター

福岡県北九州市小倉北区馬借2-1-1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。