慢性腎臓病患者に対する情報通信技術を用いた生活の場での腎臓リハビリテーションプログラムによる身体機能と腎機能保護作用に与える影響

目的

本研究の目的は保存期慢性腎臓病患者に焦点を当て、情報通信技術(ICT:Information and Communication Technology)を用いた生活の場における腎臓リハビリテーションプログラムが運動耐容能に与える影響を明らかにすることである。副次的に同プログラムが腎機能、主観的指標、身体機能、運動習慣、身体活動量に与える影響についても明らかにする。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

40歳 0ヶ月 0週 以上75歳 0ヶ月 0週 以下


選択基準

(1) 慢性腎臓病の患者(ステージG3b・G4:eGFRcys 15 ml/分/1.73 m2以上、45 ml/分/1.73 m2未満)

(2) 運動習慣がない患者

(3) 入院・外来:外来

(4) スマホアプリケーションで使用する日本語が理解できる患者

(5) スマホアプリケーションを使用可能なAndroid又はiOSのモバイル端末で、臨床研究期間中に使用できる患者(OSバージョン:iOS13.0以上、Android6.0以上)

(6) 本人の文書による治験参加同意が得られた患者


除外基準

(1) 透析治療を受けている又は受ける予定がある

(2) 同意取得後から本登録時(Day1)の1日平均の歩数が10,000歩以上である

(3) 心疾患などにより運動療法によるリスクが高いと判断される

(4) 整形外科疾患により運動療法によるリスクが高いと判断される

(5) 明らかな認知機能低下があると判断される

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

本試験の主要評価項目は、本登録日(Day1)から治療開始後12週(Day85)における6分間歩行距離の変化量である。


第二結果評価方法

同意取得日(Day-14程度)から治療開始後12週(Day85)における下記項目の変化量を副次的評価項目とする。

• eGFRcys

本登録日(Day1)から治療開始後12週(Day85)における下記項目の変化量を副次的評価項目とする。

• KDQOL-SF

• SPPBの4m歩行時間(SPPB歩行テストのスコアではない)

• 膝伸展筋力

本登録日(Day1)の直前7日間の(Day1含まない)の平均値に対して、治療開始後12週(Day85)の直前7日間の(Day85含まない)の平均値における変化量を副次的評価項目とする。

• 歩数

利用する医薬品等

一般名称

販売名