脳卒中患者への教示内容の違いが立ち上がり動作に及ぼす影響に関する研究

目的

本課題では、脳卒中患者への教示内容の違いが、立ち上がり動作に及ぼす影響を解明することを目的とする。

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

脳卒中


治験フェーズ

フェーズ1

参加条件

性別

男性・女性


年齢

下限なし上限なし


選択基準

研究責任者が勤務する医療機関(一般財団法人黎明郷弘前脳卒中リハビリテーションセンター)に入院している脳卒中患者で、立ち上がり動作が自力で可能な者、脳卒中発症から6か月以内の者、本課題への参加に同意を得られた者とする。


除外基準

運動禁忌となるような著明な心疾患や重度の整形疾患を有する者は除外とする。また、実験方法の特性上、認知機能に問題のある者(mini-mental state examination(以下、MMSE)で24点未満)、立位で膝・股関節が完全伸展しない者、30秒で立ち上がり動作が8回未満しか実施できない者は除外する。

治験内容

研究のタイプ

その他介入研究


主要結果評価方法

CS-30,加速度計による左右動揺,動画撮影による体幹前傾角度,MSRS


第二結果評価方法

評価項目に関しては、一般情報として性別、年齢、体重、身長の4項目、医学的情報として発症日、病型(脳梗塞または脳出血)、麻痺側(右半身または左半身)、麻痺の程度(Brunnstrom stage:以下、BRS)、感覚障害の有無、functional independence measure(以下、FIM)の点数、MMSEの点数、高次脳機能障害の有無の7項目をカルテより情報収集する。

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報

実施責任組織

一般財団法人黎明郷弘前脳卒中・リハビリテーションセンター


住所

青森県弘前市大字扇町1丁目2番地1