アダプティブ脳深部刺激療法術後パーキンソン病患者における局所フィールド電位の測定

臨床研究

目的

脳深部刺激療法(deep brain stimulation: DBS)は進行期パーキンソン病(Parkinson’s disease: PD)に対する有効な治療方法の1つである。しかし、therapeutic windowが狭い症例では、DBS術後でもwearing offやdyskinesiaが問題となる場合がある。パーキンソン病患者において、視床下核(subthalamic nucleus: STN)に留置された電極から局所フィールド電位を記録したところ、大脳基底核ニューロンのoscillationがβ band activityの増加(β oscillation)を示することが示された。aDBS術後のパーキンソン病患者に対して薬剤及び刺激の有無に応じてLFPがどのように変化するかを測定することでaDBSの有効性を評価する。

基本情報

募集ステータス
募集中


情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

下限なし上限なし


選択基準

①同意取得時において年齢が50歳以上80歳以下②パーキンソン病に罹患している者③脳深部刺激療法(DBS)を受けている者(術後3週以上を経過し、症状の安定した患者)④本研究への参加にあたり十分な説明を受けた後、十分な理解の上、研究対象者本人の自由意思による文書同意が得られた方


除外基準

①パーキンソン病以外の重度の疾患に罹患している患者②その他、研究責任者が研究対象者として不適当と判断した方

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

①研究対象者基本情報:年齢、性別、診断名、他病歴②MDS-UPDRS part1-4③MMSE


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報