その他

腎臓リハビリテーションが多量のたんぱく尿を伴う慢性腎臓病患者に対して安全かどうかを調べる研究

治験詳細画面

目的


この治験は、腎臓病患者の運動療法や栄養管理の有用性を調べるもので、多量の蛋白尿を伴う患者に対して腎臓リハビリテーションを行うことの安全性と有用性を比較検討するものです。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

慢性腎臓病
腎臓病

フェーズ2

参加条件


この治験に参加するための条件は、20歳以上で日本に住んでいる男性または女性で、慢性腎臓病であり、尿検査で尿蛋白が2回連続で1 g/gCre以上であること、日常生活動作が自立していること、自主トレーニングを理解し実施可能であること、そして参加に同意できることです。ただし、透析を受けている人や医学的に不安定な人、運動能力が低下している人などは参加できません。

治験内容


この治験は、慢性腎臓病の治療方法を研究するために行われます。治験のタイプは「介入研究」で、フェーズ2と呼ばれる段階で行われます。主な評価方法は、尿蛋白の変化量を調べることです。また、6分間歩行距離や心機能、eGFR(Cre、Cys-C)の変化量、有害事象の有無も評価されます。治験に参加することで、慢性腎臓病の治療方法の開発に貢献することができます。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

千葉大学医学部付属病院

千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。