非特定臨床研究

手術前にDCF療法を受けた食道がん患者に対する手術後のニボルマブ治療の第2段階臨床試験

治験詳細画面

目的


この治験は、手術前の治療を受けた食道がん患者の手術後に、ニボルマブという治療法の効果と安全性を調べるものです。対象は、手術後にがんが完全に消えなかった患者です。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

食道癌

フェーズ4

参加条件


この治験に参加するための条件は、18歳以上で男性または女性であることです。また、食道がんまたは食道胃接合部がんで、治療前に薬を使ってがんを小さくする治療を受けた後、手術でがんを取り除いた人が対象です。ただし、手術でがんが完全に取り除けなかった人は参加できません。また、他のがんの治療で免疫チェックポイント阻害薬を使ったことがある人は参加できません。参加する人は、患者本人が18歳以上であることを文書で同意する必要があります。一方、参加できない人は、活動性の重複癌や全身的な感染症、肝炎やHIVの感染、肺炎や心臓病、自己免疫疾患、臓器移植歴などがある人です。また、妊娠中や授乳中の人も参加できません。その他、治験に参加することが適切でないと判断された人も参加できません。

治験内容


この治験は、介入研究と呼ばれるもので、食道癌という病気を対象にしています。治験のフェーズはフェーズ4で、主な目的は、2年間の無病生存割合を調べることです。また、無病生存期間や全生存期間、無遠隔転移生存期間なども評価されます。治験中には、有害事象が発生する可能性があるため、その頻度も調べられます。また、免疫学的反応性についても検討されます。

利用する医薬品等


一般名称

ニボルマブ(遺伝子組換え)製剤

販売名

オプジーボ点滴静注

組織情報


実施責任組織

東京大学医学部附属病院

東京都文京区本郷7-3-1

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。