BRAF遺伝子変異を有する転移性結腸・直腸がんを対象にした拡大治験フォローアップ延長に関する後ろ向き観察研究(BEACON EAP 後ろ向き観察研究)

臨床研究

目的

日本人のBRAFV600E遺伝子変異を有する転移性結腸・直腸がん患者におけるエンコラフェニブ、ビニメチニブ及びセツキシマブの3剤併用治療の有効性を明らかにする

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別


年齢

下限なし上限なし


選択基準

2020年2月~2021年1月にBEACON CRC拡大治験にて、エンコラフェニブ、ビニメチニブ及びセツキシマブの3剤を投与された方かつ試験終了時まで参加された方。


除外基準

無し

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

OS


第二結果評価方法

PFS、BOR、TTR、TTP、患者背景因子別のOS、患者背景因子別のPFS、患者背景因子別のBOR

利用する医薬品等

一般名称

エンコラフェニブ、ビニメチニブ、セツキシマブ


販売名

ビラフトビ、メクトビ、アービタックス