胃癌・食道癌術後の吻合部狭窄におけるキマーゼの役割

臨床研究

目的

上部消化管術後の吻合部狭窄とキマーゼの動態を解明する

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

フェーズ1

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上80歳 未満


選択基準

1.胃癌対して、胃全摘、噴門側胃切除術を施行した患者

2.食道癌に対して、食道胃管再建を施行した患者

3.研究参加について、研究対象者本人から文書による同意が得られている。


除外基準

1.ステロイドを内服している

2.腹膜播種、腹水細胞診陽性の患者

3.病理学的に断端陽性

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

1.キマーゼ活性

2.キマーゼ遺伝子発現量

3.キマーゼ染色による組織学的検討


第二結果評価方法

1.TGF-β活性値

2.TGF-β遺伝子発現量

利用する医薬品等

一般名称

販売名