人工膝関節置換術中トライアルによるインプラント設置適正位置の評価 ~pilot study ~

臨床研究

目的

従来の人工膝関節は、大腿骨および脛骨コンポーネントがメーカーの設定した空間位置に設計されている。しかし、その空間位置は健常な膝関節とは異なっており、インプラント設置位置を健常に近づけることでより高機能の人工膝関節に進化することが期待される。

本研究において、健常な膝関節に近づけた人工膝関節の空間設置を提供する新たなタイプの脛骨プレートトライアル(新規器械)をクラス1のカテゴリで作成し、人工膝関節置換術中にNavigation Systemを用いて大腿骨-脛骨間の空間位置と術中動態を探索的に検討する。

基本情報

募集ステータス
募集中


情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

後十字靭帯温存型人工膝関節全置換術適応となる患者


除外基準

Navigation Systemが使用不可と判断される患者

術中後十字靭帯が温存できないと判断される患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

Passive ROM動作中の大腿骨-脛骨間の位置姿勢・術中動態をNavigation Systemで記録する。また内外反ストレスを加え、関節間距離を計測する。


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

販売名