非特定臨床研究

胃の手術後の痛みを和らげる方法の比較試験:術後硬膜外鎮痛法とマルチモーダル鎮痛法の比較

治験詳細画面

目的


この治験は、胃を切除した後の痛みを和らげる方法について、薬や注射などの複数の方法を組み合わせた「マルチモーダル鎮痛法」が、硬膜外鎮痛法に比べて同等以上の効果があることを確かめるために行われます。

対象疾患


胃癌

参加条件


募集中

この治験に参加するための条件は、20歳以上85歳以下で、男性でも女性でも参加できます。ただし、胃がんと診断されており、胃を取り除く手術をする予定の患者で、治験に参加することを自分で決め、説明を十分に理解して同意書にサインできる患者が対象です。ただし、手術前の健康状態が重度である場合や、血液の凝固異常がある場合、薬を飲んでいる場合、免疫力が低下している場合、他の手術を受けた場合など、治験に参加できない場合があります。また、担当医が不適切と判断した場合も参加できません。

治験内容


この治験は、胃癌という病気を対象に、新しい治療方法を調べる研究です。治験のフェーズはフェーズ3で、治療方法が安全かつ効果的かどうかを調べる段階です。主な評価方法は、手術後24時間の痛みの程度を数値で評価する「疼痛スコア」です。また、治療後の入院日数や合併症、追加の鎮痛剤の使用量なども評価します。治験に参加する患者さんが安心して治療を受けられるよう、詳しく調べている内容です。

治験フェーズ

フェーズ3: 多くの実際の患者さんが対象

利用する医薬品等

一般名称

ロピバカイン塩酸塩水和物注射剤、レボブピバカイン塩酸塩注射剤、フェンタニルクエン酸塩注射液、ロピバカイン塩酸塩水和物注射剤、アセトアミノフェン静注液、フェンタニルクエン酸塩注射液

販売名

アナペイン®注2mg/ml、ポプスカイン®0.25%注25mg/10ml、フェンタニル注射液0.1mg「第一三共」、アナペイン®注7.5mg/ml、アセリオ®静注液1000mgバッグ、フェンタニル注射液0.1mg「テルモ」

実施組織


岡山大学病院

岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。