企業治験

転移性 HER2 陽性乳癌の治療における tucatinib とプラセボの比較試験

治験詳細画面

目的


この治験は、進行したHER2陽性乳癌患者に対して、トラスツズマブとペルツズマブという薬を併用することで、tucatinibの有効性と安全性を評価することを目的としています。

対象疾患


転移性
乳癌

参加条件


募集中

この治験に参加するための条件は、18歳以上で男性または女性であることです。また、乳がんのHER2陽性型で、切除不能な局所進行または転移性病変を持ち、前治療としてトラスツズマブ、ペルツズマブ及びタキサンを受けたことがあることが必要です。さらに、脳に転移がある場合でも、治療後に進行していないことが必要です。ただし、過去に特定の治療を受けたことがある場合や、脳に病変がある場合には参加できない場合があります。

治験内容


この治験は、転移性 HER2 陽性乳癌の治療効果を調べるために行われています。治験のフェーズはフェーズ3で、主要な結果評価方法は、治験責任医師が固形がんの治療効果を判定するために使用する新しいガイドライン(RECIST)v1.1に基づくPFSです。治験の目的は、新しい治療法がこの病気に対して有効かどうかを調べることです。

治験フェーズ

フェーズ3: 多くの実際の患者さんが対象

利用する医薬品等

一般名称

tucatinib

販売名

TUKYSA (United States)

実施組織


IQVIAサービシーズジャパン合同会社

東京都港区高輪4-10-18

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。