視神経脊髄炎スペクトラム障害(NMOSD)患者を対象としたサトラリズマブの臨床・画像・バイオマーカーの研究

治験

目的

本試験の目的は,アクアポリン-4(AQP4)抗体陽性の未治療のNMOSD患者又はリツキシマブ(RTX)(またはそのバイオシミラー)による治療効果不十分なNMOSD患者におけるサトラリズマブの有効性と安全性を記述することである。

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

フェーズ4

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上74歳 以下


選択基準

・説明文書・同意文書に署名した患者。・同意取得時の年齢が18~74 歳の患者。・試験責任(分担)医師により試験実施計画書の遵守が可能であると判断された患者。・International Panel for NMO Diagnosis(IPND)基準(Wingerchuk et al.)に従って血清抗AQP4抗体陽性NMOSD と診断されている患者。・妊娠可能な女性の場合:試験薬投与期間中及び試験薬最終投与日から少なくとも3 カ月間は,禁欲(異性間性交渉を避けること)又は信頼できる避妊法(物理的バリア[患者又はパートナー]と殺精子剤,経口避妊薬,パッチ,注射剤,子宮内避妊器具又は子宮内避妊システムの併用)を用いることに同意すること。コホート1(未治療のNMOSD患者)・抗AQP4 抗体陽性によりNMOSDの診断が確定されている患者。スクリーニング前の1年間に発作又は再発(初回発作を含む)が1回以上確認された臨床的記録がある患者。維持療法歴(疾患修飾療法又は免疫抑制剤)がない患者。コホート2(RTX[又はそのバイオシミラー]が効果不十分のNMOSD患者)・病歴からNMOSDの診断及び抗AQP4抗体陽性が確定されている患者。・最初の症状発現からの罹病期間が5年以下である患者。・NMOSDに対するRTX(又はそのバイオシミラー)による治療を継続(少なくとも2回の投与)しており,試験登録前の最終投与から最長で6カ月経過している患者。・RTX(又はそのバイオシミラー)の最終投与後も疾患活動性が持続している患者(再発及び/又は新たな炎症性事象がMRI 又は眼科検査で確認されている)。


除外基準

コホートの除外基準MRI検査を実施できない患者。・妊娠中又は授乳中,若しくは本試験中又はサトラリズマブの最終投与後3 カ月以内に妊娠を希望する女性。ベースライン前4週間以内に外科的処置(小手術を除く)を受けた患者。・多発性硬化症又は進行性多巣性白質脳症等の他の脱髄疾患の所見が認められる患者。・患者の試験参加を妨げる可能性のある,コントロール不良の重篤な合併症が認められる患者。ベースライン時に活動性又は再発性の細菌性,ウイルス性,真菌性,マイコバクテリアによる感染症を有する,又はその他の感染症(爪床又は齲歯の真菌性感染症を除く)を有する患者。ベースライン来院前4 週間以内に入院又は感染症治療薬の静注(IV)投与を要した感染症を発現した患者。活動性の慢性B 型肝炎の所見が認められる患者。活動性結核活動性結核活動性結核(TB)の所見が認められる患者。・凝固障害の既往歴又は臨床検査所見がある患者。ベースライン前6週間以内に生ワクチン又は弱毒生ワクチンを接種した患者。・悪性腫瘍又はその既往歴がある患者。ベースライン前1年以内の薬物又はアルコール乱用歴を有する患者。・下部消化管穿孔等の合併症のリスク増加につながる可能性があると試験責任(分担)医師が判断する憩室炎の既往歴がある患者。・生物学的製剤に対する重度のアレルギー反応の既往歴がある患者。スクリーニング前6 カ月以内の積極的自殺念慮又はスクリーニング前3 年以内の自殺企図の既往歴がある患者。スクリーニング前の6 カ月以内,又は当該試験薬の消失半減期の5 倍以内の期間(いずれか長い方)に何らかの試験薬の投与を受けた患者。コホート1(未治療のNMOSD患者)・IL-6阻害剤(トシリズマブ等),アレムツズマブ,放射線全身照射,幹細胞療法又は骨髄移植による治療歴がある患者・エクリズマブ,ベリムマブ,ナタリズマブ,グラチラマー酢酸塩,フィンゴリモド,テリフルノミド,フマル酸ジメチル,シポニモド又はオザニモドによる治療歴がある患者・CD4阻害剤,クラドリビン又はミトキサントロンによる治療歴がある患者・B細胞枯渇製剤による治療歴がある患者・免疫抑制剤による治療歴がある患者コホート2(RTXが効果不十分のNMOSD患者)・治療に対する効果不十分以外の理由によりRTX(又はバイオシミラー)による治療を中止した患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

有効性・無再発患者の割合・年間再発率(ARR)・初回再発までの期間(TFR)・試験期間中におけるEDSS スコアのベースラインからの平均変化量・12週以上及び24週以上持続する障害進行が確認される(CDP)までの期間・治験期間中の符号数字モダリティー検査(SDMT)のベースラインからの変化・適切な高コントラスト文字視力及び低コントラスト文字視力(LCLA)視力表を用いた治験期間中の高コントラスト(100%)及び低コントラスト(2.5%)視力の変化・再発により入院した被験者,副腎皮質ステロイドを使用した被験者,レスキュー治療を必要した被験者,血漿交換療法を必要した被験者,及び後遺障害が発生した被験者の割合


第二結果評価方法

安全性、その他・大脳,視神経,視交叉,最後野,脳幹及び小 脳の新規病変及び拡大病変を含め,T2 強調fluid-attenuated inversion-recovery(FLAIR)高信号病変の数,体積及び局所分布,Fazekas分類・大脳基底核,小脳及び上頸髄を含む全脳体積及び局所脳体積減少・新規及び持続性のshort T1 inversion recovery(STIR)/プロトン密度(PD)高信号病変及びT1 強調画像・定量的T1 マッピング・定量的拡散/拡散テンソル画像(DTI)・網膜神経線維層(RNFL)厚及び神経節細胞内網状(GCIP)層厚の変化・有害事象(AE),重篤な有害事象(SAE)及び特に注目すべき有害事象(AESI)の発現率及び重症度

利用する医薬品等

一般名称

サトラリズマブ


販売名

エンスプリング