好酸球性重症喘息を有する成人及び青年期患者を対象としたGSK3511294 投与後の増悪率及び喘息コントロールのその他の指標並びに安全性をメポリズマブ又はベンラリズマブ投与と比較して評価する、52 週間の無作為化、二重盲検、ダブルダミー、並行群間、多施設共同、非劣性試験

目的

本試験の目的は、メポリズマブ又はベンラリズマブにより効果を得ている患者が、GSK3511294に切り替えた場合、好酸球性重症喘息患者に生じる臨床的に意義がある増悪の年間発生率が、現在の治療の維持と比較して非劣性を示すかどうかを検討することである。 試験期間を通して、全ての被験者はベースラインにおける喘息の標準治療(SoC)を継続する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

喘息


治験フェーズ

フェーズ3

参加条件

性別

男性・女性


年齢

12歳 以上上限なし


選択基準

・同意書/アセントへの署名時に成人及び12歳以上の青少年

・米国国立心臓・肺・血液研究所ガイドライン[NHLBI, 2007]又はGINA ガイドラインを満たし、医師による喘息診断の記載から2 年以上経過している患者。

・抗IL-5/5R 療法:スクリーニング前にメポリズマブ100 mg SC 又はベンラリズマブ30 mg SC のいずれかを12 ヵ月間以上投与を受けており、かつ以下のいずれかにより治療に対するベネフィットが記録されている。

(i)投与開始からの増悪の頻度が50%以上減少、又は (ii)投与開始からの維持療法としてのOCS の使用が50%以上低下、又は (iii)抗IL-5/5R 療法を受けていた過去6 ヵ月間に増悪がなく、スクリーニング時のACQ-5 スコアが1.5 以下。

・中用量~高用量のICS の定期的な投与が必要であることが記録により十分に裏付けされている(Visit 1 前の12 ヵ月間。維持療法としてのOCS の有無は問わない)。維持療法としてのICS投与は、ヒドロフルオロアルカン(HFA)を用いたフルチカゾンプロピオン酸エステル(FP)製剤を≥440 mcg/日使用、又は臨床的に同等の薬剤

であること。中用量ICS の投与を受けている患者の場合、選択基準を満たすには長時間作用性β2 刺激薬(LABA)も投与している必要がある。

・現在、ICS を除く他の長期管理薬の投与を1 種類以上受けている[LABA、長時間作用性ムスカリン拮抗薬(LAMA)、ロイコトリエン受容体拮抗薬(LTRA)、テオフィリンなど]。


除外基準

・喘息以外の臨床的に重要な肺疾患の存在が既知である。これには、現在の感染、気管支拡張症、肺線維症、気管支肺アスペルギルス症、肺気腫若しくは慢性気管支炎(喘息以外の慢性閉塞性肺疾患)の診断又は肺癌の既往を含める(ただし、これらに限定されない)。

・好酸球増多症候群[好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA。以前はチャーグ・ストラウス症候群として知られていた)、好酸球性食道炎(ただし、これらに限定されない)を含める]など好酸球増加をもたらすことが考えられる他の疾患を有する患者。

・現在悪性腫瘍が認められる又は寛解が得られてからスクリーニングまで12 ヵ月未満のがんの既往歴を有する(治癒を目的として切除した皮膚の限局性癌を有する患者は、除外しない)。

・治験責任(分担)医師により、腹水、脳症、凝血異常、低アルブミン血症、食道若しくは胃の静脈瘤、持続性黄疸の存在と定義される肝硬変又は現在不安定な肝疾患若しくは胆道疾患が認められると評価された場合。

現時点で血管炎と診断されている患者。スクリーニング時に血管炎の臨床的な疑いが強い患者には評価を行い、現在血管炎である場合は治験に登録する前に除外する。

Visit 1 前130 日以内にオマリズマブ(ゾレア)、デュピルマブ(デュピクセント)又はreslizumab(Cinqair/Cinqaero)の投与を受けている患者。

Visit 1 前の5 半減期以内に何らかのmAb の投与を受けている患者。

QTcF 450 msec 以上。スクリーニング来院(Visit 1)時に脚ブロックがみられる場合はQTcF 480 msec 以上。

現在喫煙習慣がある又は過去に喫煙習慣があり、10 箱年以上消費している(消費していた)[箱年 = (1 日の喫煙本数/20) × 喫煙年数]。過去に喫煙習慣があった患者は、Visit 1 前の少なくとも6 ヵ月間喫煙をやめている患者と定義する。

mAb 又は生物学的製剤に対するアレルギー/不耐性が認められる患者。

<無作為化割付時>

・治験責任(分担)医師による評価に基づき、スクリーニング来院(Visit 1)時に実施した12 誘導心電図のオーバーリードで臨床的に意義がある異常が認められる場合、又は無作為化のVisit 2 でQTcF450 msec 以上の場合(脚ブロックがみられる場合はQTcF 480 msec 以上)。

・無作為化前の7 日間に臨床的に意義がある喘息増悪が認められる場合は、治験責任(分担)医師が患者の喘息が安定したと判断するまで無作為化来院を延期する。8 週間のスクリーニング期間が過ぎても軽快しない場合は、当該患者は導入期間に対して不適格とみなす。

・導入期間におけるベースラインのICS 及び/又はその他の長期管理薬の用量若しくはレジメンの変更(増悪に対する治療を除く)。

治験内容

研究のタイプ

企業治験介入研究


主要結果評価方法

52週間に認められた臨床的に意義がある増悪の年間発生率

臨床的に意義がある増悪は、全身性コルチコステロイド(CS)治療及び/又は入院及び/又は救急科(ED)受診を要する喘息の悪化と定義する。増悪の年間発生率は、被験者が発現した増悪の数を被験者の治験参加期間の長さで割ったものとして計算されます。


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

GSK3511294


販売名

なし

組織情報

実施責任組織

IQVIAサービシーズ ジャパン株式会社


住所

東京都港区高輪4-10-18 京急第1ビル