局所進行子宮頸癌患者を対象としたデュルバルマブ・シスプラチンと重粒子線治療との併用療法の安全性と有効性を評価する第Ib相試験

目的

局所進行子宮頸癌に対し、シスプラチン併用重粒子線治療にデュルバルマブを同時併用することの安全性を探索的に評価することを目的とする。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

子宮頸癌


治験フェーズ

フェーズ1

参加条件

性別

女性


年齢

20歳 以上75歳 以下


選択基準

1)同意取得時点の年齢が20歳以上75歳以下の女性。

2)組織学的に子宮頸癌と診断された、FIGO 進行期分類(FIGO 2018)Stage IIB、IIIA、IIIB、IIIC1、IVAの患者。

3)CTスキャン又はMRIによる腫瘍の評価が、同意取得前28日以内に行われていること(CTのみ他院のデータを許容する)。

4)子宮頸癌に対する化学療法や放射線治療等の治療歴がない、かつ前治療がない患者。

5)ECOG PSが0又は1の患者。

6)体重が30 kgを超えていること。

7)臓器機能が十分保たれていること。具体的には下記の全てを満たすものとする。

 Hb ≥9.0 g/dL *輸血による補正を許容する

 好中球数 ≥1.0 × 109/L (≥1,000 per mm3)

 血小板数 ≥75 × 109/L (≥75,000 per mm3)

 血清総ビリルビン値 ≤施設基準値上限の1.5倍の値 (ただし、ジルベール症候群の場合は、内科医の容認があれば、基準を上回っていても許容する。)

 AST /ALT ≤施設基準値上限の2.5倍以上の値

 クレアチニンクリアランス ≥40 mL/min (24時間蓄尿による実測もしくはCockcroft-Gault formulaによる算出とする)

8)治験実施計画書に基づいた検査、治療及びフォローアップが可能な患者。

9)12週以上の余命が期待できること。

10)本治験の参加について十分な説明を受けた後、十分な理解の上、本人からの自由意志による同意が文書で得られた患者。


除外基準

1)過去3か月間に何らかの治験薬を使用した別の臨床試験に参加している。

2)別の臨床試験に同時登録中、あるいはフォローアップ期間中である。

3)同意取得時点において、抗癌療法(化学療法、免疫療法、内分泌療法、標的療法、生物学的療法、腫瘍塞栓術、モノクローナル抗体)の最後の投与から1年未満である場合。

4)以前の抗癌治療により、脱毛症、白斑以外のCommon Terminology Criteria for Adverse Events (CTCAE) v5.0 Grade 2以上の有害事象が遷延している場合。

・末梢神経障害については治験担当医によって登録の可否を判断する。

・デュルバルマブによる治療とは関連しがたい不可逆的な毒性を有する患者は、治験担当医によって登録の可否を判断する。

5)他の癌治療のための同時化学療法、治験薬投与、生物学的製剤又はホルモン療法を受けている場合。ただし、癌以外の状態に対するホルモン療法の併用(ホルモン補充療法など)は容認される。

6)骨髄の30%を超える範囲の放射線療法、又は治験薬初回投与前28日以内に広範囲の放射線療法が行われている場合(本治験における重粒子線治療は除く)。

7)本治験における同意取得日の28日前 あるいはそれ以後に手術室の使用を必要とする外科処置がなされた場合。ただし、 重粒子線照射野に含まれない部位の良性病変 の局所手術は許容される。

8)臓器移植歴を有する場合。

9)活動性の自己免疫疾患又は炎症性疾患 [炎症性腸疾患:大腸炎又はクローン病を含む(ただし憩室炎を除く)]、全身性エリテマトーデス、サルコイドーシス症候群、又は多発血管炎性肉芽腫症(多発血管炎を伴う肉芽腫症、グレーブス病、関節リウマチ、下垂体炎、ブドウ膜炎など)、あるいはそれらの既往を有する場合。以下は組み入れ可能とする。

・白斑又は脱毛症

・ホルモン補充療法で安定した甲状腺機能低下症(例:橋本病)

・全身療法を必要としない慢性皮膚疾患

・過去5年間に上記疾患が無治療で制御されている(治験担当医の判断による)

・食事療法のみでコントロールされるセリアック病

10)進行中又は活動中の感染症、症候性うっ血性心不全、制御不能な高血圧、不安定狭心症、心不整脈、間質性肺疾患、下痢に関連する深刻な慢性胃腸疾患、又は本治験の遵守や書面によるインフォームドコンセントに支障をきたす精神疾患/社会的状況にある。

11)悪性腫瘍の既往を有する。以下は組み入れ可能とする。

・本治験薬の投与の5年以上前に根治的治療が行われ、再発のリスクが低い場合

・適切に治療された皮膚腫瘍(メラノーマは除く)か、再発のない悪性黒子

・適切に治療された上皮内癌

12)髄膜癌腫症の既往がある。

13)活動性の免疫不全状態にある。

14)結核を含む活動性感染症(病歴、身体診察及びX線所見、臨床評価)、HBsAg陽性、HCV抗体検査のいずれを有する場合。

*HCV抗体のみが陽性の場合、ポリメラーゼ連鎖反応によりHCV RNAが陰性であれば本治験への参加を許容する。

**HBVの感染歴が疑われる場合、HBsAgが陰性であっても、HBc抗体およびHBs抗体を測定する。HBc抗体またはHBs抗体のいずれかが陽性の場合、HBV DNA定量を行い、HBV DNA<20 IU/mLであれば本試験の参加を許容する。

15)継続的な、あるいはデュルバルマブの初回投与前14日以内の免疫抑制剤を投与している場合。以下に、この基準の例外を示す。

・鼻腔内、吸入、局所注射(例:関節内注射)としてのステロイド剤の使用

・10 mg/日を超えないプレドニン及びその同等物の投与。

・過敏症反応の前投薬としてのステロイド使用(例:CTスキャン前投薬)

16)治験薬初回投与の30日以内に弱毒化生ワクチン接種を受けた場合

17)妊娠中あるいは妊娠の疑いのある、又は授乳中の患者。

18)本治験薬以外の抗体製剤に対し高度の過敏反応を認めたことがある患者。

19)過去にデュルバルマブを使用した臨床試験に参加したことがある場合。

20)抗PD-1抗体、抗PD-L1抗体、抗CTLA-4抗体の投与歴がある場合。

21)外科的な切除対象となる子宮頸癌である。

22)子宮頸癌を再発した患者。

23)子宮頸癌の消化管浸潤が認められる場合。

24)子宮頸癌による制御困難な疼痛が認められる場合。

25)重篤な間質性肺炎、肺線維症の合併又は既往を有する患者。

26)腸閉塞を有する患者。

27)治療を要する全身性感染症を有する患者。

28)登録前180日以内に一過性脳虚血性発作、脳血管発作、血栓症、血栓塞栓症の既往を有する患者。

29)コントロール不良な糖尿病や出血傾向を有する患者。

30)スクリーニング検査において 12誘導心電図から算出されたQT間隔(QTcF、Fridericiaの式を用いて心拍数を補正したもの)470 ms以上の患者。

31)千葉大学医学部附属病院でのスクリーニング検査および関連する診察の結果、治験薬の投与が不適と判断された患者。

32)その他、試験の手順、制限、要件を遵守する可能性が低いなど、治験担当医師が本治験への参加を不適当と判断した患者。

治験内容

研究のタイプ

医師主導治験介入研究


主要結果評価方法

用量制限毒性(DLT)を含む有害事象/重篤有害事象の発現割合


第二結果評価方法

・治療開始から1年時点の全生存率

・治療開始から1年時点の無再発*生存率

・治療開始から1年時点の遠隔転移発生率

・完全奏効率

・奏効率(objective response rate)

利用する医薬品等

一般名称

デュルバルマブ


販売名

イミフィンジ®点滴静注500mg

組織情報

実施責任組織

量子科学技術研究開発機構QST病院


住所

千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1