アルンブリグ錠一般使用成績調査「非小細胞肺癌」

治験

目的

本調査の主な目的は、日本で実施される非小細胞肺癌の治療に使用されるブリグチニブについて間質性肺疾患に関連する安全性を評価することである。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

情報なし

参加条件

性別

男性・女性


年齢

下限なし上限なし


選択基準

ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌患者


除外基準

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある者

治験内容

観察研究


主要結果評価方法

間質性肺疾患に関連する有害事象の発現率

評価期間:1年間

有害事象とは、医薬品が投与された患者に生じたあらゆる好ましくない医療上のできごとをいう。必ずしも当該医薬品の投与と因果関係が明らかなもののみを示すものではない。つまり、有害事象とは、医薬品が投与された際に起こるあらゆる好ましくない、あるいは意図しない徴候(臨床検査値の異常を含む)、症状又は病気のことであり、当該医薬品との因果関係の有無は問わない。


第二結果評価方法

該当なし

利用する医薬品等

一般名称

ブリグチニブ


販売名

アルンブリグ錠