代償性肝硬変に伴うclinically significant portal hypertension(CSPH)を有する患者を対象として,2用量(固定用量レジメンに増量)のBI 685509を24週間経口投与したときの,門脈圧亢進症に対する効果を検討するランダム化,二重盲検,プラセボ対照,並行群間比較試験

治験

目的

本治験では,アルコール性肝疾患による代償性肝硬変に伴うCSPHを有する患者を対象として,標準治療に上乗せしたときの2用量のBI 685509をプラセボと比較する。主要目的は,24週間後に測定したHVPGのベースラインからの変化率について,BI 685509投与群とプラセボ群との平均差を推定することである。安全性及び忍容性も評価する。

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上75歳 以下


選択基準

スクリーニング時(Visit 1a)に18歳以上(又は法定年齢が18歳を超える国では法定年齢以上)75歳以下の男女

以下のいずれかのCSPHの臨床徴候がある

スクリーニング時(Visit 1b)又はスクリーニング(Visit 1b)前3カ月以内に,内視鏡で確認された食道静脈瘤及び/又は胃静脈瘤の記録がある

–予防的治療として食道静脈瘤の内視鏡治療を受けた記録がある

実施医療機関で行った圧曲線の解釈に基づいて,ベースライン時のHVPGが10 mmHg以上(Visit 1cで測定)と定義されるCSPH

アルコール性肝疾患による代償性肝硬変の診断。診断は組織学的検査(過去のデータでもよい)又は肝硬変の臨床的エビデンス(例:血小板数150 x 109/L[150 x 103/µL]未満,画像検査で認められる肝臓表面の結節又は脾腫)に基づいて行われなければならない。

スクリーニング(Visit 1a)前6カ月間以上禁酒しており,治験期間中を通して禁酒を継続できると治験担当医師が判断する患者。

治験実施計画書に従ってHVPG測定を受けることが可能で,その意思がある患者(治験担当医師の判断に基づく)

スタチン,非選択的β遮断薬(NSBB)又はカルベジロールを投与されている場合は,スクリーニング(Visit 1b)前3カ月間以上用量を変更しておらず,治験期間中を通して用量を変更する予定がない


除外基準

-臨床的に問題となる代償不全イベント(例:腹水[肝周囲に留まらない腹水],VH及び/又は顕性HE)の既往歴がある

-その他の慢性肝疾患(例:非アルコール性脂肪肝炎[NASH],B型肝炎ウイルス[HBV]感染,未治療のHCV感染,自己免疫性肝疾患,原発性胆管硬化症,原発性硬化性胆管炎,ウィルソン病,ヘモクロマトーシス,α1-アンチトリプシン[A1At]欠損症)の既往歴がある

十分な治療(例:ライフスタイルの改善)を受けていない,又は継続する病的な飲酒行動を伴うアルコール性肝疾患(ARLD)

-スクリーニング時(Visit 1a)の収縮期血圧(SBP)が100 mmHg未満かつ拡張期血圧(DBP)が70 mmHg未満

-スクリーニング時(Visit 1a)のModel of End-stage Liver Disease(MELD)スコアが15を超える

-スクリーニング時(Visit 1a)のChild-PughスコアがB8以上と定義された肝機能障害

-スクリーニング時(Visit 1a)のALT又はASTが正常範囲上限(ULN)の5倍を超える

-スクリーニング時(Visit 1a)のeGFR(CKD-EPI式)が20 mL/min/1.73 m2未満

-スクリーニング時(Visit 1a)のαフェトプロテインが50 ng/mL超(50 µg/L超)

-臨床的に問題となる起立性低血圧,失神発作又は低血圧による若しくは原因不明のブラックアウトの既往歴がある(治験担当医師の判定に基づく)

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

24週間投与後のHVPG(mmHgで測定)のベースラインからの変化率


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

BI 685509


販売名

なし