DSP-9632Pの薬力学及び安全性を検討する試験

治験

目的

レボドパ誘発性ジスキネジアを有するパーキンソン病患者にDSP-9632Pを単回経皮投与したときの線条体のレボドパ由来ドパミン放出量を11C-raclopride PETにより評価する。また、レボドパ誘発性ジスキネジアを有するパーキンソン病患者にDSP-9632Pを1日1回7日間反復経皮投与したときの安全性及び忍容性を評価する。

基本情報

募集ステータス
募集前


フェーズ1

参加条件

性別

男性・女性


年齢

50歳 以上80歳 未満


選択基準

1) 同意取得時の年齢が50歳以上80歳未満の者2) 本治験の目的・内容、予測される薬効・薬理作用及び危険性などについて十分説明を受け、理解が得られた者で、本人から自由意思による同意を文書で得られた者3) MDSによるパーキンソン病の臨床診断基準(2015年)に準じて、臨床的に確実なパーキンソン病(clinically established Parkinson’s disease)と診断されている者4) スクリーニング時に、レボドパに対する反応性が認められると治験責任医師又は治験分担医師が判断した者5) 本治験以前又はスクリーニング時のドパミントランスポーターシンチグラフィ検査(123I-FP-CIT, DAT scan®)で得られた線条体における特異的結合比が、健康成人の95%信頼区間下限を下回り、ドパミン神経が脱落していることが確認された者6) スクリーニング時に、オン状態でのHoehn&Yahr stageがIII以下の者7) スクリーニング時のMDS-UPDRS Part IV-1スコアが2以上、かつPart IV-2スコアが2以上の者8) スクリーニング時にレボドパ製剤を少なくとも1日3回服用している者9) 11C-racloprideを使用したPETスキャンを実施できる者(Part Aのみ)10) スクリーニング時に、UDysRS Part 1Bのいずれかの項目で2以上の者(Part Bのみ)11) 眼鏡型デバイスを装着でき、かつ装着することに同意する者(Part Bのみ)12) 治験参加中の遵守事項を守り、治験方法に定められた診察、検査を受け、自覚症状などの申告ができる者13) 同意取得時から治験薬最終投与の30日後まで生活習慣の一環として禁欲を実行するか、あるいは適切な避妊法を使用する意思のある者14) レボドパ製剤を少なくとも1日3回服用しており、Period 1の開始前(Part A)又は入院前(Part B)まで少なくとも28日間一定の用法・用量で服用している者15) プラセボリードイン期に毎日1日2回以上、30分以上のジスキネジアのあるオン状態が続くことを症状日誌から判断できる者(Part Bのみ)


除外基準

1) 臨床的に意義のある心血管系疾患、肝疾患、腎疾患、内分泌系疾患、消化器系疾患、血液疾患、呼吸器系疾患又はパーキンソン病以外の神経疾患の既往を有すると治験責任医師又は治験分担医師が判断した者2) 薬物の代謝又は排泄を阻害する可能性のある障害又は既往(臨床的に意義のある肝臓系又は腎臓系の異常を含む)を有する者3) てんかん、痙攣、原因不明の失神又は他の原因不明の意識喪失(単回事象を除く)、又は5分を超える継続した意識消失を伴う頭部外傷の既往がある者4) 12誘導心電図で臨床的に意義のある異常がある者、又はスクリーニング時の12誘導心電図で以下のいずれかが認められた者心拍数>100 bpm又は<50 bpmQRS間隔>120 msecQTcF>450 msec(男性)又は>470 msec(女性)PR間隔>200 msec 5) 投与部位に皮膚疾患や皮膚異常症(皮膚炎、湿疹、色素異常症など)がある者6) 薬剤アレルギー又は皮膚アレルギーの既往のある者7) 経皮製剤に過敏症を有する者8) 薬物若しくは麻薬乱用の既往のある者、又はスクリーニング時の尿中薬物検査で陽性の者9) スクリーニング時の免疫学的検査で陽性の者10) スクリーニング時の臨床検査(血液学的検査、血液生化学的検査、尿検査、凝固検査、又は脂質検査)で臨床的に意義のある異常を有すると治験責任医師又は治験分担医師が判断した者11) 二相性ジスキネジア、ミオクローヌス又はアパシーの既往のある者12) 精神疾患の診断・統計マニュアル、第5版(DSM-5)の診断基準に基づき、統合失調症、双極性障害、うつなどの精神疾患を合併している者又はこれらの既往歴がある者13) スクリーニング時のミニメンタルステート検査(MMSE)スコアが23点以下の者14) これまでにパーキンソン病に関わる手術療法を受けた者15) これまでにレボドパ・カルビドパ経腸用液療法を受けた者16) これまでにDSP-9632Pの投与を受けたことがある者17) スクリーニング前90日間に他の治験に参加し治験薬を投与された者、又は現在他の治験に参加している者18) スクリーニング前90日間に大量失血若しくは400 mL以上の献血をした者、スクリーニング前30日間に200 mL以上の献血をした者、スクリーニング前14日間に成分献血をした者、又は治験の最終来院後30日間に成分献血若しくは献血をする予定の者19) その他、治験責任医師又は治験分担医師が本治験の対象として不適当と判断した者20) 入院時の尿中薬物検査で陽性の者21) 入院前2日間にカフェインを摂取若しくは喫煙をした者、又は入院前1日間にアルコールを摂取した者(Part Aのみ)22) 入院時のC-SSRSにて「自殺念慮」の項目4又は5に「はい」と回答した者23) Period 1前14日間にドパミン受容体拮抗薬(抗精神病薬、メトクロプラミド、ドンペリドン)を使用した者24) Period 1前14日間にセロトニン5-HT1A/1B作動薬/拮抗薬(タンドスピロン、スマトリプタン、ゾルミトリプタン、エレトリプタン、リザトリプタン、ナラトリプタン、抑肝散)を使用した者25) Period 1前28日間にレボドパ製剤、ドパミン受容体作動薬及びCOMT阻害薬以外のパーキンソン病治療薬[モノアミンオキシダーゼB(MAO-B)阻害薬、ゾニサミド、イストラデフィリン、抗コリン作動薬]を使用した者26) Period 1前28日間にアマンタジン塩酸塩を使用した者27) Period 1前28日間に抗うつ薬[三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、セロトニン・ノルエピネフリン再取り込み阻害薬(SNRI)又はノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)等]を使用した者28) スクリーニング開始~Period 1入院時までに実施する重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)核酸増幅法検査で陽性であった者、又は入院前にSARS-CoV-2への感染が疑われる臨床症状を有する者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

薬力学評価:11C-racloprideのドパミンD2受容体結合能、レボドパ由来ドパミンのドパミンD2受容体占有率安全性評価:有害事象、臨床検査、バイタルサイン、12誘導心電図、コロンビア自殺評価スケール


第二結果評価方法

有効性評価:Unified Dyskinesia Rating Scale(UDysRS)スコア、Movement Disorder Society-Unified Parkinson’s Disease Rating Scale(MDS-UPDRS)スコア薬物動態評価:血漿中レボドパの薬物動態、タンドスピロン及びその代謝物である1-(2-Pyrimidyl) piperazine(1-PP)の血漿中濃度

利用する医薬品等

一般名称

DSP-9632P


販売名

なし