切除不能進行・再発胃/食道胃接合部/食道腺癌患者を対象としたRegorafenib と Nivolumab 及び化学療法の 同時併用療法の第 Ib/II 相臨床試験

治験

目的

切除不能進行・再発胃/食道胃接合部/食道腺癌患者に対して、 Regorafenib とNivolumab 及び化学療法の同時併用療法の安全性及び忍容性を検討し、推奨用量を検討する。その後、推奨用量における 有効性及び安全性を評価する 。

基本情報

募集ステータス
募集前

対象疾患

フェーズ1

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

1. 組織学的に、胃腺癌/食道胃接合部腺癌/食道腺癌であることが確認されており 、切除不能進行・再発胃/食道胃接合部/食道腺癌であると治験責任医師又は治験分担医師が判断している 。

2. RECIST ガイドライン version 1.1 に規定された測定可能病変を 1 つ以上有する。

3. 同意取得日の年齢が 20 歳以上である。

4. ECOG Performance status(PS)が 0 又は 1 である。

5. 登録前 14 日以内の最新の検査値が、以下の全てを満たす。(登録日2 週間前の同じ曜日の検査は許容する。)

好中球数≧1,200/mm^3

② ヘモグロビン≧8.0 g/dL

血小板数≧75,000/mm^3

④ 総ビリルビン≦1.5 mg/dL

AST(GOT) ≦100 IU/L

肝転移がある場合: ≦200 IU/L

ALT(GPT) ≦100 IU/L

肝転移がある場合: ≦200 IU/L

クレアチニン≦1.5 mg/dL

⑧ 尿蛋白:以下のいずれかを満たす(いずれかの検査基準を満たしていた場合、他の検査は未実施でも良い)

(i) 尿蛋白(試験紙法)が 2+以下

(ii) UPC(Urine Protein Creatinine)比<3.5

(iii) 24 時間尿蛋白を測定し、尿蛋白≦3,500 mg

⑨ PT-INR: ≦1.5(抗凝固剤投与中の場合には≦3.0)

6. 登録前 7 日以内に輸血を行っていない。(登録日 1 週間前の同じ曜日の輸血は許容する。)

7. 妊娠可能な女性は、 登録前 7 日間以内の妊娠検査で陰性である 。 男女ともに同意取得時から プロトコル治療最終施行後の一定期間(女性では 9 カ月間、男性では 7 カ月間) 、 適切な避妊を行うことに同意している。

8. 経口投与が可能である。

9. 治験参加について患者本人から文書で同意が得られている。


除外基準

1. 切除不能進行・再発胃/食道胃接合部/食道腺癌に対して化学療法の治療歴がある。 (注:過去に術前又は術後補助療法を受けたことがある場合は適格とする。ただし、登録の 6 カ月以上前に治療が完了し、治

療の完了から 6 カ月以上経過後に進行が認められていること。 )

2. HER2 陽性(IHC3+、 又は IHC2+かつ FISH 陽性)

3. 複数の高血圧治療薬を服用しているにもかかわらず、コントロールが困難な高血圧(収縮期血圧が 160 mmHg 以上又は拡張期血圧 90mmHg 以上)を有する患者

4. 登録前 6 カ月以内に、急性冠動脈症候群(心筋梗塞及び不安定狭心症を含む)、冠動脈形成術、又はステント留置術の既往を有する患者

5. ニューヨーク心臓協会(NYHA)の心機能分類に基づく III 度以上のうっ血性心不全の既往又は所見が認められる患者

6. 中枢神経系への転移が確認されている。(中枢神経系への転移が臨床的に疑われた場合のみ、スクリーニング時点で脳 CT スキャン又はMRI での確認を必須とする。)

7. 積極的な治療を必要と し、 治験の継続に影響を及ぼす可能性のある活動性重複がんを有する。

8. 重篤(入院加療を要する)な合併症(腸管麻痺、腸閉塞、肺線維症、コントロールが困難な糖尿病、心不全、心筋梗塞、狭心症、腎不全、肝不全、精神疾患、脳血管障害、輸血を必要とする潰瘍等)を有する。

9. 活動性の肝炎を有する。

・ HBs 抗原陽性

・ HBs 抗体もしくは HBc 抗体陽性かつ HBV-DNA 陽性

活動性の C 型肝炎(HCV RNA が定性的に検出された場合など)

ただし、 HBs 抗原陽性でも核酸アナログ等の抗ウイルス薬による治療後、 HBV DNA が 1.3 log IU/mL(2.1 log copies/mL)未満となった場合には適格とできる。

10. HIV の感染が確認されている。

11.自己免疫疾患の合併又は慢性的若しくは再発性の自己免疫疾患の既往を有する患者[ただし、 I 型糖尿病、ホルモン補充療法により対処可能な甲状腺機能低下症、又は全身療法を必要としない皮膚疾患(白斑、乾癬、脱毛症など)を合併している 患者は登録可能とする]

12.全身性副腎皮質ホルモン(検査又はアレルギー反応に対する予防投与、放射線療法に伴う浮腫軽減などを目的とした一時的な使用を除く)もしくは免疫抑制剤の投与が必要である、又は本治験への登録前 2 週以内にこれらの治療を受けた患者

13.治験参加期間及び避妊期間中に適切な避妊手段を取らない患者

14.治験実施計画書を遵守する意思がない、 又は遵守することが不可能である。

15.治験責任医師又は治験分担医師が本医師主導治験の対象として不適当と判断した。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

[第 Ib 相部]

DLT 発現割合

[第 II 相部]

治験責任医師又は分担医師の判定による 客観的奏効割合(ORR)


第二結果評価方法

無増悪生存期間(PFS)

奏効期間(DoR)

病勢制御割合(DCR)

全生存期間(OS)

有害事象発生割合

利用する医薬品等

一般名称

レゴラフェニブ


販売名

スチバーガ