全身型重症筋無力症を有する2歳以上18歳未満の小児におけるNipocalimabの薬物動態,薬力学,安全性及び活性を評価する非盲検,非対照,多施設共同試験

治験

目的

本治験の目的は、2歳以上18歳未満の小児患者さんを対象に、nipocalimabが血清中総免疫グロブリンG(IgG)に及ぼす影響、小児及び青年にnipocalimabを投与したときの安全性と忍容性、及び継続中の安定した標準治療で効果不十分な全身型重症筋無力症(gMG)の小児及び青年を対象に、nipocalimabの薬物動態(PK)を評価することです。

基本情報

募集ステータス
募集前


フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

2歳 以上17歳 以下


選択基準

・全身型重症筋無力症(gMG)の臨床基準を満たす重症筋無力症(MG)と診断されている(スクリーニング時の米国重症筋無力症財団(MGFA)臨床分類でクラスII a/b,III a/b又はIV a/bと定義)。

・アセチルコリン受容体(抗AChR)抗体又は筋特異的チロシンキナーゼ(抗MuSK)抗体の血清学的検査で陽性が記録されている(スクリーニング時に確認)。

・ハーブ療法,自然療法,漢方製剤,アユルベーダ医療や栄養補助製剤,又は医療用マリファナ(医師の処方によるもの)を使用している被験者は,治験責任(分担)医師がその使用を許可できる場合は適格とする。このような療法は,治験期間中に安定した用法及び用量を維持しなければならない。

・治験実施計画書に従って点滴による薬剤投与及び採血が可能な静脈アクセスが十分に確保されている。

・年齢及び性別の5~95パーセンタイルの体重及び体格指数であること。95パーセンタイルを超える肥満,及び5パーセンタイル未満の低体重が認められる被験者は,医学的評価を実施後参加できる場合がある。

・妊娠可能な女性は、スクリーニング時の高感度血清β-ヒト絨毛性ゴナドトロピン分画(β-hCG)が陰性で、Day 1の治験薬投与前の尿妊娠検査が陰性でなければならない。


除外基準

・完全な治験参加の妨げとなる可能性がある,又は被験者の安全性を脅かすか治験結果の妥当性を損なう可能性があると治験責任(分担)医師が判断する重度及び/又はコントロール不良の肝,胃腸,腎,肺,心血管,精神,神経又は筋骨格の疾患,又は臨床検査値の異常を含むその他の内科疾患の既往がある。

・全身型重症筋無力症(gMG)の治療に関連しない免疫不全症候群が臨床的に確定している又は疑われる,又は被験者に存在しないことが確認されている場合を除いて,先天的又は遺伝的な免疫不全の家族歴がある。

スクリーニング前12ヵ月以内に胸腺摘除しているか,又は本治験の実薬投与期に胸腺摘除の予定がある。

・以前に,治療用蛋白質(モノクローナル抗体など)に対するアナフィラキシーなどの重度即時型過敏症反応が認められている。

スクリーニングの12週間以内に心筋梗塞,不安定狭心症,又は脳卒中を発症している。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

・血清中総免疫グロブリンG(IgG)抗体濃度のベースラインからの変化:最長3年間:血清中総IgG抗体濃度のベースラインからの変化が報告された。

・感染性有害事象(AE)が認められた被験者数:最長3年間:感染性AEが認められた被験者数を報告する。AEとは、治験に参加している被験者に生じたあらゆる好ましくない医療上の出来事であり、必ずしも治験中の医薬品/生物学的製剤との因果関係があるもののみを指すわけではない。

・重篤なAE(SAE)が認められた被験者数:最長3年間:SAEが認められた被験者数を報告する。SAEとは、死に至るAE、永続的又は顕著な障害/機能不全に陥るAE、入院又は入院期間の延長が必要となるAE、生命を脅かす事象、先天異常/先天性欠損、医薬品を介する感染因子伝播の疑い、上記のいずれかの転帰を予防するために医学的に重要なAEである。

・特に注目すべき有害事象(AESI)を発現した被験者数:最長3年間:AESIを発現した被験者数を報告する。以下の状況に関連する治験治療下で発現したAEをAESIとみなす:a)重度の感染症、抗感染症薬の静脈内投与又は手術/侵襲的介入を必要とする感染症;b)アルブミンが20 g/L(g/L)[<]2.0 g/dL(g/dL)未満の低アルブミン血症及びc)日和見感染。治験薬の初回投与時又は初回投与後から治験終了時までに発現したAEを、試験治療下で発現したAEとする。

・臨床検査値異常が認められた被験者数:最長3年間:臨床検査値異常(血液生化学的検査、血液学的検査、凝固検査及び尿検査を含む)が認められた被験者数を報告する。

・バイタルサインに異常が認められた被験者数:最長3年間:座位脈拍数/心拍数、座位収縮期及び拡張期血圧、口腔温(°C)を含むバイタルサインに異常が認められた被験者数を報告する。

・身体所見に異常が認められた被験者数:最長3年間:身長、体重、皮膚、頭部、眼、耳、鼻、喉、頸部、甲状腺、肺、心臓、腹部、リンパ節、四肢の評価を含む身体所見に異常が認められた被験者数を報告する。

・血清中Nipocalimab濃度の経時的推移:最長3年間:血清検体を分析し、バリデートされた特異的かつ高感度な免疫学的測定法法。

・Nipocalimabのクリアランス(CL):最長3年間:CLは、単位時間あたりのNipocalimabが完全に除去される血清量と定義する。

・Nipocalimabの分布容積(V):最長3年間:Vは、Nipocalimabが血清中に残留する又は他の組織コンパートメントに再分布する傾向を示すものと定義する。

・Nipocalimabの半減期(t 1/2):最長3年間:体内のNipocalimabの有効成分が半減するまでの時間をt 1/2と定義する。

・Nipocalimabの定常状態における最高濃度(Cpeak、ss):最長3年間:Cpeak、ssは、定常状態におけるNipocalimabの最高血清中濃度と定義する。

・Niocalimabの定常状態におけるトラフ濃度(Ctrough, ss):最長3年間:Ctrough, ssを報告する。これは、定常状態における投与間隔開始直前の血清中Nipocalimab濃度の実測値と定義する。

・Nipocalimabの定常状態における曲線下面積(AUCss):最長3年間:AUCssは、Nipocalimabの定常状態における曲線下面積と定義する。


第二結果評価方法

重症筋無力症-日常生活動作(MG-ADL)スコアのベースラインからの変化量:最長3年間:MG-ADLスコアのベースラインからの変化量を報告する。MG-ADLスコアは、被験者の重症筋無力症(MG)症状の重症度を迅速に評価する。8つの機能(会話、咀嚼、嚥下、呼吸、歯やくしの毛を磨く能力の障害、椅子から立ち上がる能力の障害、複視、眼瞼下垂)を0(障害なし)~3(重度障害)の4段階で評価する。総スコアは8つの機能スコアの合計であり、 0点から24点の範囲となる。スコアが高いほど症状の重症度が高いことを示す。

Quantitative Myasthenia Gravis score(QMG)の変化量:最長3年間:QMGスコアは、13の要素で構成される標準化された定量的な筋力評価であり(トレーニングを受けた有資格の医療従事者[HCP][例:医師、医師])、助手、診療看護師、看護師)。各強度成分の定量的結果を以下の4点スケールにマッピングした:0=なし、 1=軽度、 2=中等度、 3=重度。総スコアは13項目のスコアの合計であり、 0点から39点の範囲となる。スコアが高いほど筋力低下が大きいことを示す。

European Quality of Life 5-Dimension Youth(EQ-5D-Y)ツールスコア:最長3年間:EQ-5D-Yは健康状態測定用として標準化された小児向けの尺度であり、主に小児及び青年自身が実施する(又は小児の介護者が代理人版を実施する)ように設計されてる。EQ-5D-Yの記述システムは、以下の5項目で構成されている。歩きまわること、体をあらったり,着がえをすること,いつもしていること、体の痛みやつらさ、及び心配な気もちや、悲しい気持ちや、落ち込む気もち。この5項目のそれぞれで知覚された問題の水準が3段階に分けられる(水準1:問題はない、水準2:いくらか問題がある、水準3:とても問題がある)

Neurological Quality of Life(Neuro-QoL)Pediatric Fatigue Score:最長3年間:Neuro-QoL Pediatric Fatigue Scoreを用いて、10歳~18歳未満(<)の被験者における疲労の影響を評価する。被験者は11の各項目を5段階で評価する。スコアが高いほど疲労が大きいことを示す。

Nipocalimabに対する抗薬物抗体(ADA)が認められた被験者数:最長3年間:Nipocalimabに対するADAが認められた被験者数を報告する。

Nipocalimabに対する中和抗体(NAb)を有する被験者数:最長3年間:Nipocalimabに対するNAbを有する被験者数を報告する。

ジフテリア又は破傷風に対するワクチン抗体価が得られた被験者数:最長3年:ジフテリア又は破傷風に対するワクチン抗体価が得られた被験者数を報告する。

利用する医薬品等

一般名称

Nipocalimab


販売名

なし