HER2陽性消化器癌患者を対象としたtucatinib+トラスツズマブ+オキサリプラチンを含む化学療法の併用療法及び、tucatinib+トラスツズマブ+ペムブロリズマブを含む併用療法の試験

治験

目的

本試験では、切除不能又は転移性HER2陽性消化器 (GI) 癌患者を対象としてtucatinib+トラスツズマブ+オキサリプラチンを含む化学療法(FOLFOX又はCAPOX) の併用療法及び、tucatinib+トラスツズマブ+ペムブロリズマブを含む併用療法の安全性、忍容性、有効性及び薬物動態(PK) を評価する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ1

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上上限なし


選択基準

1. 下記に示す癌種の1つであることが組織学的又は細胞学的に確定診断された切除不能又は転移性固形癌を有する患者:コホート 1A、1B、1C及び1D・結腸直腸腺癌 (CRC)・胃腺癌・GEJ腺癌・食道腺癌・胆管癌・胆嚢癌コホート1E、1F、1G及び2A・胃腺癌・GEJ腺癌・食道腺癌コホート2BCRC注:コホート1A及び1Bは、日本での組入れを行わない。2. コホート1Gを除くすべてのコホート:標準治療の一部としてオキサリプラチンを含むレジメンが適応すると判断される患者。3. 過去に実施した又は各実施医療機関で実施した臨床検査で、HER2陽性癌であることが確定している患者4. 第1b 相のコホート:治験責任医師による評価で、固形がんの治療効果判定のための新ガイドライン (RECIST) v1.1に基づき測定可能又は測定不能病変が認められる患者第2相のコホート:治験責任医師による評価で、RECIST v1.1に基づき測定可能病変が認められる患者5. 同意取得時の年齢が18歳以上又は当該国の成人年齢以上の患者6. Eastern Cooperative Oncology Group (ECOG) パフォーマンスステータスが0ないし1の患者


除外基準

1. 予定されている治験薬に対し過敏症の既往歴がある患者2. B型肝炎又はC 型肝炎感染陽性が既知の患者3. コホート2A 及び2B:抗HER2剤の投与歴のある患者コホート1E、1F、1G、2A:抗プログラム細胞死1 (PD-1) 抗体薬、抗プログラム細胞死リガンド1 (PD-L1) 抗体薬、又は抗プログラム細胞死リガンド2 (PD-L2) 抗体薬、あるいは他の促進性又は共抑制性T細胞受容体 (例、細胞傷害性Tリンパ球関連タンパク質4 [CTLA-4]、OX 40、CD137) 阻害剤による治療歴があり、かつグレード3以上の免疫関連有害事象 (irAE) のために当該治療を中止した患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

1A 及び 1B (日本は対象外):• 腎関連用量制限毒性(DLT) の発生率1C、1E、1F及び1G:• DLTを含む有害事象 (AE) 及び臨床検査結果異常の種類、発生率、重症度、重篤度及び治験薬との関連性• バイタルサイン及びその他の該当する安全性評価項目1D:• DLTを含むAE及び臨床検査結果異常の種類、発生率、重症度、重篤度及び治験薬との関連性• バイタルサイン及びその他の該当する安全性評価項目• Tucatinib、トラスツズマブ及びFOLFOX療法の構成薬剤の休薬、減量及び投与中止の頻度Phase 2:• DLTを含む有害事象及び臨床検査結果異常の種類、発生率、重症度、重篤度及び治験薬との関連性• バイタルサイン及びその他の該当する安全性評価項目


第二結果評価方法

1A 及び 1B (日本は対象外):• 有害事象 (AE) 及び臨床検査結果異常の種類、発生率、重症度、重篤度及び治験薬との関連性• バイタルサイン及びその他の該当する安全性評価項目• 血清シスタチン Cにより推算した糸球体濾過量 (GFR) の併用療法2サイクル中のベースラインからの変化量• TucatinibのPKパラメータ (AUClast、Cmax、Ctrough及びTmaxを含むが、これらに限るものではない)• オキサリプラチンのPKパラメータ (AUClast、Cmax、Tmaxを含むが、これらに限るものではない)1C, 1E, 1F, and 1G: • RECIST v1.1 に基づき治験責任医師が判定したORR• RECIST v1.1 に基づき治験責任医師が判定したDOR (確定CR 又はPR )• RECIST v1.1に基づき治験責任医師が判定したPFS• OS• TucatinibのPKパラメータ (Ctroughを含むが、これに限るものではない)Phase 2:• RECIST v1.1に基づき治験責任医師が判定した cORR (確定完全奏効 [CR] 又は部分奏効 [PR])• RECIST v1.1に基づき治験責任医師が判定したDOR (確定CR 又はPR)• RECIST v1.1に基づき治験責任医師が判定したPFS• OS

利用する医薬品等

一般名称

Tucatinib


販売名

TUKYSA , USA