びまん性皮膚硬化型全身性強皮症患者を対象としてHZN-825の安全性、有効性、忍容性及び薬物動態を評価する、無作為化、二重盲検、プラセボ対照、反復投与、多施設共同試験

治験

目的

びまん性皮膚硬化型SSc患者におけるHZN-825の1日1回投与法又は1日2回投与法の有効性を、プラセボを対照に実証することであり、治療52週後の予測努力性肺活量(FVC)%の変化を比較して判定する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上75歳 以下


選択基準

1. 文書による同意取得。

2. スクリーニング時に18~75歳(含む)の男性又は女性。

3. 米国リウマチ学会/欧州リウマチ連盟会議の2013年SSc分類基準を総合スコア9以上で満たしている。

4. 肘及び/又は膝の近位に皮膚病変があると分類されている(LeRoy and Medsger,2001のびまん性皮膚硬化型SSc部分集団)。

5. 治験への組み入れ時点において、最初のSSc徴候発症(レイノー現象を除く)から36ヵ月間未満である。

6. 反復生検に適した前腕のSScによる皮膚肥厚。

7. スクリーニング時のmRSSが15単位以上。

8. スパイロメトリーで判定したスクリーニング時の予測FVCが45%以上

9. 治療に関する所定の治験実施計画書及び治験期間中の評価を遵守する意思があり、それが可能である。


除外基準

1. 抗セントロメア抗体が陽性。

2. 皮膚硬化を伴わない強皮症又は限局皮膚硬化型SScの診断。

3. 線維筋痛、強皮症が関連したミオパチー、及び二次性シェーグレン症候群を除く、その他の自己免疫性結合組織疾患の診断。

4. スクリーニング来院前6ヵ月以内に診断された強皮症腎クリーゼ(9.5.1.1項参照)。

5. 以下のいずれかの心血管疾患:

a. スクリーニング前6ヵ月以内のコントロール不能な重度高血圧(160/100 mmHg以上)又は持続性低血圧(収縮期血圧が90 mmHg未満)

b. スクリーニング前6ヵ月以内の心筋梗塞

c. スクリーニング前6ヵ月以内の不安定狭心症

6. 予測DLCOが40%未満(ヘモグロビンで補正)。被験者に重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)曝露の臨床上の懸念がある場合は、スクリーニング来院前6ヵ月間までのDLCO成績の使用を勘案する。

7. PAHに承認されている経口療法2剤以上又は何らかの非経口療法による治療を必要とし、右心カテーテルによる診断があるPAH。勃起不全及び/又はレイノー現象/指潰瘍の治療は認められる。

8. スクリーニング前4週間以内のSSc以外の病態に対する副腎皮質ステロイド剤使用(皮膚疾患に対する局所ステロイド剤及び吸入/鼻腔内/関節内ステロイド剤は認められる)。

9. スクリーニング前4週間以内の、シクロホスファミド、アザチオプリン(イムラン®)又は他の免疫抑制剤或いは細胞傷害性医薬品など、他の何らかの非ステロイド性免疫抑制剤、小分子生物学的製剤、細胞傷害性製剤又は抗線維化製剤の使用。例外として以下のミコフェノール酸モフェチル(セルセプト®)、ミコフェノール酸(Myfortic®)、メトトレキサート及び低用量プレドニゾロンの使用は許可される:セルセプト3 g/day、Myfortic 2.14 g/day以下、メトトレキサート15 mg/week以下及びプレドニゾロン10 mg/day以下(又は相当量のグルココルチコイド)は認められる。完全な詳細については表9.1を参照すること。セルセプト、Myfortic又はメトトレキサートを服用している被験者は、それが6ヵ月間以上投与され、1日目来院の16週間以上前からその用量が安定していなければならない。プレドニゾロンは、1日目来院の8週間以上前から用量が安定していなければならない。セルセプト、Myfortic又はメトトレキサートと一緒に基礎薬としてのプレドニゾロン及び抗マラリア剤の使用は認められる。リツキシマブは、1日目来院前6ヵ月以内に使用してはならない。

10. 結核又は非定型抗酸菌症など、既知活動性の細菌、ウイルス、真菌、抗酸菌又はその他の感染(爪部真菌感染は認められる)。

11. 米国食品医薬品局が承認したSSc治療薬の使用又は何らかの病態に対するスクリーニング前90日間以内又は半減期5倍以内のいずれか長い方での治験薬の使用又は治験期間中の予想外の使用。

12. 過去5年間の悪性の病態(治療に成功した皮膚の基底細胞がん/扁平上皮がん又は子宮頚部上皮内がんを除く)。

13. 治験期間全体を通して、及び治験薬最終投与後1ヵ月間に、効果の高い避妊法を講じることに同意しない妊娠可能な女性(WOCBP)又は男性被験者。これと同じ期間に、男性被験者は精子、女性被験者は卵子/卵細胞を提供してはならない。閉経しておらず、避妊手術(記録された両側卵管切除術、両側卵巣摘出術、又は子宮摘出術)を受けていない女性は妊娠可能とみなされる。閉経状態とは、他の医学的理由がなく12ヵ月間月経のない状態と定義される。ホルモン製剤による避妊やホルモン補充療法を受けていない女性では、閉経では高濃度となる卵胞刺激ホルモン(FSH)を用いて閉経状態を確認することができる。しかし、12ヵ月間持続して無月経でない場合は、1回のFSH測定では不十分である。男性の場合、両側精巣摘除術で永続的不妊処置を受けていない限り、思春期以降は生殖能力があるとみなされる。

14. 妊婦又は授乳中の女性。

15. 治験責任医師の判断で、又は被験者の報告により、薬物又はアルコールを現在乱用している、又は過去2年間にいずれかの乱用歴がある。

16. 本治験への過去の登録又は以前のHZN-825又はSAR100842の臨床試験への参加。

17. ヒト免疫不全ウイルス検査に対する既知の陽性歴。

18. 活動性肝炎(スクリーニング時に下記いずれかが認められる)

B 型肝炎:

・B 型肝炎表面抗原[HBs 抗原]陽性

・B 型肝炎コア抗体[HBc 抗体]もしくはB 型肝炎表面抗体[HBs 抗体]

が陽性でB 型肝炎ウイルス(HBV)DNA 陽性の場合

C 型肝炎:

・抗C 型肝炎ウイルス[抗HCV]陽性及びHCV-RNA 陽性

治療済みのB 型肝炎既感染の被験者、またはHBc 抗体及び/又はHBs 抗体のいずれかが陽性でB 型肝炎ウイルスDNA が陰性の被験者を組み入れる場合には、3 か月に1 回を目安にB 型肝炎ウイルスDNA のモニタリングを実施すること。ただし、B 型肝炎ワクチン接種によりHBs 抗体のみ陽性となる被験者に対しては、HBV-DNA レベルのモニタリングは不要である。

19. 現在のアルコール性肝疾患、原発性胆汁性肝硬変又は原発性硬化性胆管炎又はChild-Pughスコアリングシステムによる中等度(Child-Pugh B)から重度(Child-Pugh C)の肝障害。

20. 過去の臓器移植(同種及び自家骨髄移植を含む)。

21. スクリーニング時に2を超える国際標準比(INR)、基準値上限(ULN)の1.5倍を超えるプロトロンビン時間又はULNの1.5倍を超える部分トロンボプラスチン時間。

22. ULNの2倍を超えるアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)又はアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)。

23. スクリーニング時に30 mL/min/1.73 m2未満の推定糸球体濾過率。

24. ULNの2倍を超える総ビリルビン。ギルバート症候群と診断された記録がある被験者は、ビリルビンが3.0 mg/dL以下であれば組み入れ可とする。

25. 治験責任医師の判断で、本治験への組み入れが除外されるその他のあらゆる病態。

26. 治験薬またはその添加剤のいずれかに対する重度のアレルギーあるいは反応の既往歴がある患者。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

ベースラインから52週目までの予測FVC%の変化。


第二結果評価方法

1. 52週目のHAQ-DIのベースラインからの変化。

2. 52週目のMDGAのベースラインからの変化。

3. 52週目のPTGAのベースラインからの変化。

4. 52週目のSSPRO-18のサブスケール「身体的影響」のベースラインからの変化。

5. 52週目のSSPRO-18のスブスケール「身体的制限」のベースラインからの変化。

6. 52週目のmRSSがベースラインから5点以上及び25%以上減少した被験者の割合。

7. 52週目のレスポンダー率(ACR-CRISS[予測確率]が0.6以上と定義)。

8. ベースラインから以下の5項目の指標のうち3項目以上で改善がある被験者の割合:52週目のmRSSで20%以上、HAQ-DIで20%以上、PTGAで20%以上、MDGAで20%以上及び予測FVC%で5%以上(ACR-CRISS-20)。

利用する医薬品等

一般名称

HZN-825


販売名

なし