上皮成長因子受容体(EGFR)および/またはヒト上皮成長因子受容体2(HER2)の遺伝子に変異を有する進行非小細胞肺がん(NSCLC)を対象としたBAY2927088の初めてヒトに投与する試験

治験

目的

この治験の主な目的は、BAY2927088がどの程度安全であるか、身体にどのような影響を与えるか(忍容性)、BAY2927088が体内をどのように移動し、体外に排出されるか、治験の参加者が副作用をあまり感じずに摂取できるBAY2927088の最大量を確認することである

基本情報

募集ステータス
募集中


フェーズ1

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

- 組織診又は細胞診で確定された、根治的治療が不適である局所進行、再発又は転移性NSCLC(小細胞型又は混合型を除く)患者- 進行がんに対する過去の全身療法後に病勢進行が確認されている患者。何らかの理由により標準治療を利用できない患者、標準治療に不耐の患者、標準治療に不適格な患者も組入れ可能である。- 原発又は転移部位から摘出した適切な保存腫瘍組織(できれば最終標的治療後に採取し、6ヵ月以内のもの)がある患者。保存試料がない場合、治験責任(分担)医師の判断で重大なリスクを伴わない手技により新鮮生検検体を採取することを検討してもよい。- RECIST 1.1に基づく測定可能病変が認められる患者。スクリーニング期間の生検スクリーニング期間に生検を実施した場合)に選択した病変以外に、ベースライン時にCT又はMRIにより正確に測定でき、かつ正確に反復測定できる病変が少なくとも1つある。生検を実施した病変は、RECIST 1.1に基づく腫瘍評価の標的病変としてはならない。過去に放射線が照射された病変を測定可能とする場合、増悪が認められることとする。- 臨床検査室改善法(CLIA)に認定された検査施設(米国の実施医療機関)又は同等の認定を受けた検査施設(米国以外)による評価で、活性化EGFR及び/又はHER2変異が確認されている患者。- ECOG PSが0又は1の患者- 12週間以上の生存が見込まれる患者- 治験薬の初回投与前7日以内に実施する以下の臨床検査で十分な骨髄機能が確認された患者 a. ヘモグロビン>= 9.0 g/dL。エリスロポエチンに依存せず、検査前2週間以内に濃厚赤血球(pRBC)輸血を受けずに、基準を満たすこととする。 b. 血小板>= 100 × 109個/L c. 好中球絶対数>= 1.5 × 109個/L。検査前2週間以内に造血成長因子(G-CSFなど)を使用せずに、基準を満たすこととする。- 治験薬の初回投与前7日以内に実施する以下の臨床検査で十分な腎機能が確認されている患者 a. Modification of Diet in renal Disease Study Group(MDRD)式に基づく推算糸球体ろ過量(eGFR)> 60 mL/分/1.73 m2- 治験薬の初回投与前7日以内に実施する以下の臨床検査で十分な肝機能が確認されている患者 a. 総ビリルビン<= 1.5 × ULN(ジルベール・モイレングラハト症候群が確認されている患者又は肝転移によると考えられる高ビリルビン血症が疑われる患者は<= 3 × ULN) b. アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)及びアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)<= 2.5 × ULN(腫瘍が肝臓に浸潤している場合は<= 5 × ULN)


除外基準

- 治験薬の初回投与前8日以内又は終末相消失半減期の5倍以内(いずれか短い方)にEGFRチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)が投与された患者- 治験薬の初回投与前14日以内に全身抗がん治療(上記のEGFR TKIを除く)を受けた患者- 治験薬の初回投与前14日以内に放射線療法及び緩和照射を受けた患者。放射線が照射された病変を標的病変として評価対象とみなすには、増悪が認められることとする。- 治験薬の初回投与前28日以内に免疫療法による治療を受けた患者- 過去の抗がん治療による、まだ消失していないグレード2以上の毒性がある患者。ただし、脱毛症と皮膚色素沈着を除く。慢性だが安定したグレード2の毒性が発現している患者は、治験責任(分担)医師と治験依頼者の合意があれば組入れ可能である。- 原発性脳腫瘍又は髄膜腫瘍の既往、症候性の中枢神経系(CNS)転移の存在、又は局所治療放射線療法、手術など)を要するCNS転移がある患者- 髄圧迫又は脳転移の既往がある患者。ただし、以下の場合を除く。a. 脳転移の治療を受けた患者は、スクリーニング期間の診察及び脳画像検査(MRI又はCT)により、CNSの治療後4週間以上増悪(脳転移の新規発現又は増大)がないことが確認されれば、用量漸増パート、バックフィルパート、用量拡大パートに適格とする。また、BAY 2927088の初回投与前7日間のコルチコステロイドの用量が一定又は減少していることとする。- ニューヨーク心臓協会(NYHA)心機能分類のクラスIIを超えるうっ血性心不全(CHF)、治療を要する重篤な不整脈、臨床的に重要な調律、伝導、形態又は安静時心電図(完全左脚ブロック、第三度心ブロック、第二度心ブロック、PR間隔> 250 msecなど)の異常の既往がある患者     - 以下を有する患者: a. ヒト免疫不全ウイルス(HIV)。ただし、以下の場合を除く。HIV感染歴のある患者は、以下に該当する場合、治験責任(分担)医師の判断により適格とする。  •CD4+ T細胞(CD4+)数>= 350個/uL   •治験薬投与開始前に4週間以上確立された抗レトロウイルス療法(ART)を受け、治験薬投与開始前のHIVウイルス量が400コピー/mL未満である。  •使用しているARTにCYP3A4の強力な誘導薬又は阻害薬は含まれず、治験薬と毒性が重複しないと予測される。  •過去12ヵ月以内に日和見感染を発症していない。 b. 活動性のB型肝炎感染[B型肝炎ウイルス表面抗原(HbsAg)陽性かつB型肝炎ウイルス(HBV)DNA陽性] c. 活動性C型肝炎感染(抗HCV抗体陽性かつHCV RNA定量結果が測定法の検出下限より大きい)注意:慢性HBV又はHCV感染の既往を有する患者は、疾患が安定しており、治療で十分コントロールされていれば、治験責任(分担)医師の判断により適格とする。- 治験薬の初回投与前14日以内に強力なCYP3A4阻害薬又は誘導薬を使用している患者。治験期間中及び安全追跡調査来院まで、強力なCYP3A4阻害薬及び誘導薬を禁止する。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

- 治験薬投与下で発現した有害事象(TEAE)を認めた被験者数[期間:治験薬の最終投与後35日まで]- 治験薬投与下で発現した重篤な有害事象(TESAE)を認めた被験者数[期間:治験薬の最終投与後35日まで]- TEAEの重症度[期間:治験薬の最終投与後35日まで]- TESAEの重症度[期間:治験薬の最終投与後35日まで]- 有害事象により治験薬の投与を中止した被験者数[期間:約4年(治験薬の投与終了まで)]- DLT(用量制限毒性)観察期間内の最大耐量(MTD)又は最高投与量(MAD)[期間:21日サイクルのサイクル1の終了時]用量漸増パート(バックフィルパートの被験者を含む)- DLT観察期間に、各用量レベルでBAY 2927088投与に関連してDLTが発現した被験者数[期間:21日サイクルのサイクル1の終了時]  用量漸増パート(バックフィルパートの被験者を含む)- BAY 2927088のCmax[期間:21日サイクルのサイクル1の終了時]  Cmax:最大又はピーク濃度- 1日1回投与した場合のBAY 2927088のAUC(0-24)[期間:サイクル1の1日目(サイクルの期間は21日間)]  AUC:薬物血中濃度-時間曲線下面積、AUC(0-24):投与後0~24時間までのAUC- 1日2回投与した場合のBAY 2927088のAUC(0-12)[期間:サイクル1の1日目]  該当する場合。AUC(0-12):投与後0~12時間までのAUC- BAY 2927088のCmax,md[期間:サイクル1の15日目]  Cmax,md:反復投与後のCmax- 1日1回投与した場合のBAY 2927088のAUC(0-24)md[期間:サイクル1の15日目]AUC(0-24)md:反復投与後の0~24時間までのAUC- 1日2回投与した場合のBAY 2927088のAUC(0-12)md[期間:サイクル1の15日目]該当する場合。AUC(0-12)md:反復投与後の0~12時間までのAUC


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

BAY 2927088


販売名

なし

組織情報