EGFRエクソン20挿入変異を有する進行がんにおけるBLU451の第1/2相試験

治験

目的

第1相試験では、BLU-451の最大耐量(MTD)及び第2相推奨用量(RP2D)を決定し、BLU-451の安全性及び忍容性の評価すること。第2相試験では、RP2DでのBLU-451の抗腫瘍活性をRECIST v1.1を用いて評価すること。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ1

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

1. 同意説明文書(ICF)署名時の年齢が 18 歳以上の男女2. 組織学的又は細胞学的に確認されたAJCC第 8 版によるステージIV及びIVBの転移性NSCLC(第1相及び第2相)、又はCNS原発腫瘍を除くその他の転移性がん(第1相のみ)の患者。3. 次世代シーケンシング(NGS)検査により確認されたEGFR Ex20insを有する患者。第1相試験のみ:EGFR Ex18 G719X又は Ex21 L861Q変異を有し、標準治療が奏効しなかったがん患者については、治験依頼者の承認を得た上で適格とする。T790M変異が認められず、少なくとも1種類のEGFR TKIが奏効せず、治験依頼者のメディカルモニターが承認した場合には、その他のEGFR遺伝子変異(例:L858R又はEx19欠失)を適格とすることができる。4. 再発又は転移性のがんで、以下の治療歴がある患者。第1相のNSCLC患者: - プラチナ製剤をベースとした化学療法、又はプラチナ製剤をベースとした化学療法禁忌の場合にはその他の化学療法レジメン - 1種類以上のEGFR Ex20ins標的薬による前治療は認められているが、必須ではない。EGFR Ex20ins標的薬には、amivantamab又はmobocertinibが含まれる。治験段階のEGFR Ex20ins標的薬、又は承認済みのEGFR TKIを含むその他の薬剤は、治験依頼者のメディカルモニターの承認を得て認められる。 - 免疫チェックポイント阻害剤(ICI)による前治療(例:プログラム細胞死タンパク1[PD-1]又はPD-L1阻害剤)は認められているが、必須ではない。NSCLC患者が以前にICI投与を受けていない場合は、治療選択肢として検討されたことを診療記録又はICFに記載しなければならない。第1相その他のがん: - 臨床的ベネフィットが確認されている既承認の標準治療。ただし、この治療法が禁忌、患者に不耐容、又は患者が拒否する場合は除く。第2相全コホート - プラチナ製剤をベースとした化学療法、又はプラチナ製剤をベースとした化学療法禁忌の場合にはその他の化学療法レジメン - ICIによる前治療(例:PD-1又はPD-L1阻害剤)は許容されるが、必須ではない。NSCLC患者が以前にICI投与を受けていない場合は、治療選択肢として検討されたことを診療記録又はICFに記載しなければならない。コホート2A: - amivantamab又はmobocertinibを含む1種類以上のEGFR Ex20insを標的とした前治療。治験段階のEGFR Ex20ins標的薬、又は承認済みのEGFR TKIを含むその他の薬剤は、治験依頼者のメディカルモニターの承認を得て認められる。コホート2B: - amivantamab、mobocertinib、又はその他のEGFR Ex20ins標的薬を含めEGFR Ex20ins標的薬による治療歴がない。コホート2C: - EGFR Ex20ins標的薬による前治療は1種類まで認められているが、必須ではない。5. 直近の全身療法に対して、治療中若しくは治療後に進行、又は不耐容である患者。6. RECIST v1.1に従って評価可能な病変(第1相のみ)、又は測定可能な病変(第1相及び第2相)が認められる患者。7. 第1相、並びに第2相コホートA及びB:脳転移は許容されるが、必須ではない。進行性の神経症状を伴わない、かつCNS病変をコントロールするためにコルチコステロイドの増量を必要としない脳転移は許容される。 - 第2相コホートC(測定可能な脳転移を有するNSCLC患者):測定可能な脳病変を1つ以上有する患者。(RECIST 1.1に基づく)8. 米国東海岸がん臨床試験グループ(ECOG)のパフォーマンス・ステータス(PS)が0又は1の患者。9. 有効性が期待できる曝露量レベルでパート1に登録された患者では、治療中の生検を実施する意思がなくてはならない。10. がんに対する前治療による毒性が、脱毛症又はグレード2以下の神経障害を除き(以下に概説する臨床検査値を除く)、NCI CTCAE v5.0のグレード1以下、又は治療前のベースライン値まで回復している患者。11. 十分な血液学的機能、腎機能及び肝機能を有する患者(BLU-451の初回投与前14日以内に評価を実施)。 - ANCが1.0 × 109/L以上 - 血小板数が75 × 109/L以上(治験薬初回投与前14日より以前の輸血は許容される) - ヘモグロビン9.0 g/dL以上(治験薬初回投与前14日より以前の輸血は許容される) - ALTがULNの3倍以下(肝転移がある場合は、ULNの5倍以下) - ASTがULNの3倍以下(肝転移がある場合は、ULNの5倍以下) - 総ビリルビンがULNの1.5倍以下(ジルベール症候群が判明している患者は、直接ビリルビンが1.5 mg/dL以下であれば、ULNの2.5倍以下で登録してもよい) - Cockcroft-Gault式により算出した糸球体濾過率が60 mL/分以上 - プロトロンビン時間(PT)及び/又は国際標準比(INR)、及びPTT(部分トロンボプラスチン時間)又は活性化PTT(aPTT)がULNの1.5倍以下


除外基準

1. 根治目的の局所療法に適したがん患者。2. 既知のドライバー遺伝子変異(ROS、BRAF V600E、ALK、RET、HER2、MET、KRAS、NTRK1/2/3、又はEGFR C797X変異を含むがこれらに限定されない)が認められる腫瘍を有する患者。3. 混合型の組織型をとるNSCLC又は既知の組織学的形質転換(NSCLCからSCLCへの転換、SCLCからNSCLCへの転換、又は上皮から間葉への転換)が認められる腫瘍を有する患者。4. 以下のいずれかの治療法を受けている患者。4a. 治験薬BLU-451の初回投与前の、5日間又はEGFR TKIの終末相消失半減期(t1/2)の5倍のいずれか長い方の期間内に、EGFR TKIの投与を受けている。4b. 治験薬BLU-451の初回投与前14日間以内に、ICI以外の全身抗がん治療(上記のEGFR TKIを除く)を受けている。4c. 治験薬BLU-451の初回投与前28日以内にICIによる免疫療法又は抗体療法(二重特異性抗体を含む)を受けている。4d. 治験薬BLU-451の初回投与前28日未満の根治的放射線治療、及び14日以内の緩和的放射線治療を受けている。以前に放射線照射を受けている病変は、当該病変を標的病変として見なす前に進行箇所をクリアカットに特定できなければならない。5. 脳転移が認められる患者:症候性の脳転移、直ちに治療が必要と考えられる解剖学的部位の病変、大きさが2 cmを超える病変(治験依頼者のメディカルモニターが特別に承認した場合を除く)、治験薬初回投与前28日未満の脳転移に対する放射線治療、又はコルチコステロイドの増量を必要とする脳転移。6. 髄膜病変を有する患者。7. 治験薬投与開始前28日以内に新たな頭蓋内出血が認められる患者。3 mm未満の点状頭蓋内出血が認められる場合には、治験依頼者の承認を得て適格とすることができる。8. Fridericiaの式を用いて補正したQT(QTcF)が450 msecを超える患者、又は先天性QT延長症候群の既往歴若しくは家族歴を有する患者。9. 登録前6カ月以内に心筋梗塞若しくは不安定狭心症の既往歴、又は治療を必要とする心室性不整脈、コントロール不良の高血圧、症候性のうっ血性心不全などの臨床的に重要な心疾患の既往歴を有する患者。10. 間質性肺疾患(ILD)の既往歴を有する患者、又は薬剤誘発性ILD及び放射線肺臓炎を含む、ILDのエビデンスが認められる患者。11. 以下を含む既知の慢性肝疾患が認められる患者:11a. 急性又は慢性B型肝炎。B型肝炎コア抗体(HBcAb)が陽性の患者は、HBVのデオキシリボ核酸(DNA)が陰性であることが適格条件であり、治験実施医療機関のガイドラインに従ってHBVの再活性化を定期的にモニタリングする必要がある。11b. C型肝炎の慢性感染(登録より12週間以上前に根治的ウイルス治療を完了し、ウイルス量が陰性である患者を除く)。12. 角膜潰瘍、ヘルペス性角膜炎、コントロール不良の緑内障(安定用量の外用薬は許容される)、コントロール不良の糖尿病網膜症、虹彩炎、硝子体炎、乳頭浮腫など、治療を必要とする活動性の眼疾患を有する患者。13. コントロール不良の急性又は慢性の腎疾患、膵炎又は肝疾患(ジルベール症候群、無症候性の胆石、肝転移、又は治験担当医師の評価による安定した慢性肝疾患の患者を除く)を有する患者。14. 治験薬BLU-451の初回投与前28日以内に大手術(血管アクセス手術を除く)を受けた患者。15. その他、悪性腫瘍の既往又は合併があり、その自然歴又は治療により、治験薬の投与計画の安全性又は有効性の評価に支障をきたす可能性がある患者。16. 内服薬の嚥下ができないことを含め、重大な臨床症状又は社会的状況のため、患者の安全性や治験手順の遵守に影響があると患者治験担当医師又はメディカルモニターが判断した場合。17. BLU-451の初回投与前28日以内に生ワクチン、又は14日以内に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンを受けたか、受ける予定がある患者。生ワクチンを含まない季節性インフルエンザワクチンは許容される。18. 妊娠している女性。治験薬の初回投与前7日以内に、血清βヒト絨毛性ゴナドトロピン(β-hCG)による妊娠検査で妊娠と一致する所見が確認された患者。妊娠している可能性がある患者、及び妊娠を計画している患者も除外する。19. 授乳を中断しているかどうかを問わず、授乳中の女性。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

第1相:BLU-451の最大耐量(MTD)を決定するBLU-451の第2相推奨用量(RP2D)を決定するBLU-451の有害事象(AE)の発現率及び重症度第2相:BLU-451の全奏効率(ORR)


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

BLU-451


販売名

なし