企業治験

膿疱性乾癬や紅皮症の成人患者を対象にしたTAK-279の効果と安全性を評価する第3相の試験

治験詳細画面

目的


第3相の治験では、TAK-279という薬が膿疱性乾癬や乾癬性紅皮症の成人患者にどれだけ効果があるか、安全性や忍容性を評価するために行われます。治験は多施設で行われ、患者が参加することで新しい治療法の開発に貢献することが期待されています。

対象疾患


乾癬

参加条件


募集中

男性・女性

18歳以上

上限なし

選択基準

GPPやEPの診断を受けている方
光線療法や全身療法が必要な方

除外基準

TAK-279の投与歴がある方
TAK-279の投与歴がある方

治験内容


この治験は、汎発型膿疱性乾癬又は乾癬性紅皮症という皮膚疾患に対する新しい治療法を調査するための研究です。治験はフェーズ3の介入研究で、被験者の皮膚状態を評価するためにさまざまな評価方法が使用されます。 主な評価方法の1つは、Week 16のsPGAスコアとWeek 16のPASIスコアです。sPGAスコアは、皮膚の紅斑、浸潤、鱗屑の状態を評価する尺度で、スコアが低いほど症状が改善していることを示します。PASIスコアは、乾癬の病変の程度を評価する尺度で、スコアが高いほど病変が重いことを示します。 また、Week 52までの長期的な結果も評価されます。これには、sPGAスコアやPASIスコアの改善率だけでなく、DLQIスコアや爪病変の評価も含まれます。これらの評価方法を使用して、新しい治療法が患者の生活の質や症状の改善にどのように影響するかを調査します。

治験フェーズ

フェーズ3: 多くの実際の患者さんが対象

利用する医薬品等

一般名称

TAK-279

販売名

なし

実施組織


武田薬品工業株式会社

大阪府大阪市中央区道修町四丁目1番1号

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。