企業治験

進行した肺がん患者に対する新しい治療法の比較試験

治験詳細画面

目的


本治験は、アミバンタマブの投与方法を改善するために、新しい製剤であるアミバンタマブと遺伝子組換えヒトヒアルロニダーゼ配合剤(SC-CF)を評価するものです。この製剤は、より簡便かつ迅速に投与できるため、患者と医師の両方にとって使用経験が改善されることが期待されています。

基本情報


募集ステータス

募集終了

対象疾患

転移性非小細胞肺癌
非小細胞肺癌
小細胞肺癌
転移性
肺癌

フェーズ3

参加条件


この治験に参加するための条件は、18歳以上で男性または女性であることです。また、進行性または転移性の非小細胞肺がんを持ち、特定の検査でEGFR遺伝子の変異が確認された患者が対象です。治療の前に化学療法や他の治療を受けたことがある場合は、参加できない場合があります。また、脳転移や脊髄圧迫、腫瘍関連疼痛などの症状がある場合も参加できません。治験に参加する前に、医師と相談する必要があります。

治験内容


この治験は、進行又は転移性非小細胞肺癌の治療について調べるものです。治験のフェーズはフェーズ3で、治験薬の効果や安全性を調べるために行われます。主な評価方法は、治験薬の血中濃度や治療効果を調べることです。治験薬の投与前後の血中濃度や、治療効果の判定基準についても説明されています。また、治験中に起こった有害事象や治療満足度についても調べます。治験に参加する被験者の滞在時間や治療室滞在時間なども評価されます。

利用する医薬品等


一般名称

ラゼルチニブ、アミマンタマブ静注、アミバンタマブSC-CF On Body Delivery System (OBDS)

販売名

なし、なし、なし

組織情報


実施責任組織

ヤンセンファーマ株式会社

東京都千代田区西神田3-5-2

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。