医師主導治験

HER2遺伝子変異を持つがんに対する新しい治療法の安全性と効果を調べる試験(WJOG16022M)

治験詳細画面

目的


この治験は、標準治療が効かないHER2遺伝子変異陽性の進行・再発がん患者に対して、新しい治療法であるMobocertinibとT-DM1を併用した治療の安全性と有効性を調べるものです。

対象疾患


固形癌

参加条件


募集終了

この治験に参加するための条件は、18歳以上で男性または女性であること、自分自身で治験に参加することを決め、文書による同意を得ていること、進行・再発したがんで、標準治療に対して効果がなかったり、標準治療がない場合、またはHER2遺伝子変異陽性のがんであること、治験に参加するために必要な臓器機能を持っていること、心臓の機能が正常であること、治験に参加することが安全であることが確認された患者であることです。ただし、過去にHER2標的療法の投与歴がある、脳転移や髄膜播種がある、心臓疾患や肺疾患がある、薬剤に対する過敏症がある、精神疾患がある、治験に参加することが安全でないと判断された患者は参加できません。

治験内容


この治験は、がんの一種である固形癌を対象に行われます。フェーズ1という段階で行われる治験で、主な評価方法は奏効割合というものです。これは、治療が効果を発揮した割合を主治医が判定することで評価します。また、病勢コントロール割合や生存期間、治療成功期間など、様々な評価方法があります。治験の安全性も確認されます。

治験フェーズ

フェーズ1: 健康な成人が対象

利用する医薬品等

一般名称

モボセルチニブ、トラスツズマブエムタンシン(遺伝子組換え)

販売名

EXKIVITY(USA)、カドサイラ

実施組織


近畿大学病院腫瘍内科

大阪府大阪市浪速区元町1-5-7

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。