プラチナ製剤を含む化学療法及び抗PD-1/PD-L1 免疫療法の投与中又は投与後に進行がみられた進行又は転移を有する非小細胞肺癌(NSCLC)患者を対象としたSacituzumab Govitecan とドセタキセルとの比較試験

治験

目的

Sacituzumab govitecan(SG)の全生存期間(OS)をドセタキセルと比較する。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ3

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上上限なし


選択基準

登録時に、NSCLC を有することが病理診断で確認されておりステージ4 のNSCLCであることが文書で確認されている(The American Joint Committee on Cancer 第8 版に基づく)。EGFR、ALK及びPD-L1の検査が必須である。他のActionable遺伝子変異の検査も推奨され、現地の標準治療及び標的治療の利用可能状況に従って実施する。プラチナ製剤を含む化学療法と抗PD-L1 抗体との併用投与、又はプラチナ製剤を含む化学療法及び抗PD-L1 抗体の逐次投与(順序は問わない)を受け、その後進行した。 ・Actionable 遺伝子変異がない患者の場合、再発/転移性疾患に対する追加の前治療歴は許容されない。 ・EGFR、ALK 又はその他既知のActionable 遺伝子変異がある患者は、当該遺伝子変異に対して適切とされる最低1 剤の既承認のTKI の投与歴がなければならない。 ・進行又は転移を有するNSCLC に対する最も直近の治療レジメンの投与中又は投与後、X 線画像評価により進行が確認されている。RECIST 第1.1 版に基づく治験責任医師の評価により、コンピュータ断層撮影(CT)又は磁気共鳴画像法(MRI)で測定可能病変を有する患者。米国東海岸がん臨床試験グループ(ECOG)パフォーマンスステータススコアが0又は1の患者。治験薬投与開始前2 週間以内の血球数が輸血又は増殖因子の投与なしで十分に保たれている患者(ヘモグロビン9 g/dL 以上、好中球絶対数1500/mm3 以上、及び血小板100,000/μL 以上)。十分な肝機能(ビリルビンが基準値上限(ULN)の1.5 倍以下、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ及びアラニンアミノトランスフェラーゼがULNの2.5 倍以下[又は肝転移が確認されている場合はULN の5 倍以下]かつ血清アルブミンが3 g/dL 超)を有する患者。Cockcroft-Gault 式により算出したクレアチニンクリアランスが30 mL/min 以上。異性間の性交渉を行う男性患者及び妊娠可能な女性患者は、治験実施計画書に規定された避妊法を用いることに同意しなければならない。注:治験実施計画書に規定されたその他の選択/除外基準を適用してもよい。


除外基準

小細胞肺癌とNSCLC が混合した組織像を示す。血清妊娠検査陽性又は授乳中の女性。登録前4週間以内に抗がん生物学的製剤の前治療を受け、又は登録前2週間以内に化学療法、低分子薬による標的療法、若しくは放射線療法による前治療を受け、本治験組入れ時にAE から未回復(グレード2 より重症度が高い場合は未回復とみなす)。観察研究に参加している患者は組み入れることができる。過去に投与された薬剤によるAEから未回復(グレード2より重症度が高い場合は未回復とみなす)。以下のいずれかの治療歴がある。・トポイソメラーゼ1 阻害剤。トポイソメラーゼ1 を標的とする化学療法薬を含有するADC を含む薬剤・Trop-2 標的療法・単剤療法又は他剤との併用療法としてのドセタキセル活動性の二次がんNSCLC が根治的な局所療法のみによる治療の適応基礎肺疾患(登録前3 ヵ月以内の肺塞栓、重度の喘息、重度の慢性閉塞性肺疾患、拘束性肺疾患、胸水など)を含む呼吸器疾患の合併による臨床的に重度の肺障害、肺病変を伴う自己免疫疾患、結合組織疾患若しくは炎症性疾患(関節リウマチ、シェーグレン症候群、サルコイドーシスなど)、又は肺切除術の既往を有する。活動性の中枢神経系(CNS)転移及び/又は癌性髄膜炎を有する。活動性の心疾患を有する。登録前6 ヵ月以内に活動性の慢性炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)又は消化管穿孔が認められる。抗生物質を必要とする活動性の重篤な感染症を有する。HIV-1 若しくはHIV-2 抗体陽性で検出可能なウイルス量がある、又はSN-38 の代謝を阻害する可能性がある薬剤の投与を受けている。B型肝炎表面抗原陽性。B型肝炎コア抗体の検査で陽性の患者は、活動性疾患の確認のため、ポリメラーゼ連鎖反応法によりB型肝炎ウイルスDNAを定量する必要がある。C 型肝炎抗体陽性で検出可能なC 型肝炎ウイルス量がある。注:治験実施計画書に規定されたその他の選択/除外基準を適用してもよい。

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

Sacituzumab govitecan(SG)の全生存期間(OS)[期間:最大30か月]OS は、無作為割付け日から死因を問わない死亡までの期間と定義する。


第二結果評価方法

固形がんの治療効果判定のためのガイドライン(RECIST)第1.1 版に基づく治験責任医師の評価による無増悪生存期間(PFS)[期間:最長30ヵ月まで]PFS は、無作為割付け日から、客観的進行(PD)又は死亡のいずれか早い方までの期間と定義する。RECIST 第1.1 版に基づく治験責任医師の評価による客観的奏効率(ORR)[期間:最長30ヵ月まで]ORR は、4 週間以上経過後に確認された完全奏効(CR)又は部分奏効(PR)を達成した被験者の割合と定義する。RECIST 第1.1 版に基づく治験責任医師の評価による奏効期間(DOR)[期間:最長30ヵ月まで]DOR は、CR 又はPR が最初に確認された時点から、進行(PD)の最初の確認又は死因を問わない死亡のいずれか早い方までの期間と定義する。RECIST 第1.1 版に基づく治験責任医師の評価による病勢コントロール率(DCR)[期間:最長30ヵ月まで] DCR は、RECIST 第1.1 版に基づき、CR、PR 又は安定(SD)を達成した被験者の割合と定義する。治験薬投与下で発現した有害事象(TEAE)が認められた被験者の割合[期間:初回投与日から最長30ヵ月+30日まで]臨床検査値異常が認められた被験者の割合[期間:初回投与日から最長30ヵ月+30日まで]非小細胞肺癌 Symptom Assessment Questionnaire(NSCLC-SAQ)の総スコアのベースラインからの平均変化量[期間:ベースラインから30ヵ月後まで]NSCLC-SAQ は、NSCLCの5 つの症状(咳、痛み、呼吸困難、疲労及び食欲)を評価する7項目からなる患者報告アウトカム尺度である。各項目は、 「全く<症状>なし」 から 「極めて重度<症状>」 までの5段階の口頭による評価尺度、又は 「全くない」 から 「いつもと違う」 までの5段階の評価尺度を用いて、0~4のスコアで評価する。5つの領域スコアの合計を算出し、いずれかが欠測した場合、総スコアは算出されない。これにより総スコアは0~20 の範囲となり、スコアが高いほど重症であることを示す。NSCLC-SAQ により評価される息切れのベースラインからの平均変化量[期間:ベースラインから30ヵ月後まで]NSCLC-SAQ は、NSCLCの5 つの症状(咳、痛み、呼吸困難、疲労及び食欲)を評価する7項目からなる患者報告アウトカム尺度である。各項目は、 「全く<症状>なし」 から 「極めて重度<症状>」 までの5段階の口頭による評価尺度、又は 「全くない」 から 「いつもと違う」 までの5段階の評価尺度を用いて、0~4のスコアで評価する。呼吸困難(息切れ)の項目は、「いつもと違う(Never to Always)」 評価尺度を用い、スコアが高いほど呼吸困難の頻度が高いことを示す。

利用する医薬品等

一般名称

Sacituzumab Govitecan、Docetaxel


販売名

Trodelvy (米国)、Docetaxel Accord 20 mg/1 ml concentrate for solution for infusion (英国)