EPI-589の筋萎縮性側索硬化症を対象とした探索的試験

治験

目的

筋萎縮性側索硬化症患者(ALS)を対象にEPI-589を投与したときの安全性を検討するとともに、バイオマーカー及び有効性を探索的に検討する。

基本情報

募集ステータス
募集終了


フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

18歳 以上79歳 以下


選択基準

1) 本治験への参加について、本人より文書同意が得られた患者(同意取得時に未成年の場合、本人からの文書による同意取得に加えて、代諾者からも文書による同意を取得する。)

2) 同意取得時の年齢が18歳以上、79歳以下の患者

3) 改訂 El Escorial 基準のdefinite、probable又はprobable-laboratory supportedに該当する孤発性ALSと診断された患者(ただし、前観察期開始後に遺伝子解析でSOD1等の原因遺伝子が明らかになった場合は、治験を継続する。)

4) スクリーニング時において発症後1年半以内の患者

5) 発症時点からスクリーニング時点までのALSFRS-R合計スコアの平均悪化速度*が1ヵ月平均で-0.3点よりも速い患者(発症時点のALSFRS-R合計スコアが不明の場合は、48点として平均悪化速度を計算する)

*平均悪化速度算出方法:(スクリーニング時の点数 - 発症時の点数)/ 発症からスクリーニング時までの月数

6) スクリーニング時において、ALSFRS-Rの全12項目が全て2点以上の患者

7) スクリーニング時において、ALSFRS-Rの3つの呼吸項目(呼吸困難、起坐呼吸、呼吸不全)が全て4点の患者

8) スクリーニング時において、ALSFRS-Rの嚥下項目が3点以上の患者

9) スクリーニング時において、%SVCが80%以上の患者

10) 前観察期登録前30日以上、リルゾールを同じ用法・用量で服用しているリルゾール併用患者

11) 外来通院が可能な患者

12) 採取した血液検体を用いて遺伝子解析を実施することに同意する患者


除外基準

1) 臨床的に意義のある重度のALS以外の合併症、既往症を有し、治験責任医師又は治験分担医師が治験の対象には不適切であると判断した患者

2) 精神疾患、認知機能障害、パーキンソン病を合併している患者

3) 気管切開を施行している患者

4) 非侵襲的呼吸補助装置を装着したことのある患者

5) 薬物アレルギー又は重度のアレルギー疾患(アナフィラキシーショック等)を既往又は合併している患者

6) 悪性腫瘍を合併している、又は同意取得前5年以内に既往歴を有する患者

7) スクリーニング時において、脳脊髄液(CSF)採取が実施困難な患者

8) スクリーニング時において、 MRI検査(MRS、拡散テンソル画像検査含む)が実施困難な患者

9) スクリーニング時において、ASTALTが基準値上限の3倍以上の高値を示した患者

10) スクリーニング時において、CKが基準値上限の2.5倍以上の高値を示した患者

11) スクリーニング時において、推算糸球体濾過量(eGFR)が45 mL/min/1.73m2未満であった患者

12) 妊婦、授乳婦又は妊娠している可能性のある患者

13) 患者本人又はパートナーが妊娠を希望している、又は同意取得時から治験薬の最終服用後30日までの期間、避妊を実施することに同意できない患者

14) 前観察期登録前30日以内にエダラボンを使用している患者

15) 同意取得日以降、リルゾールの用法・用量を変更、又は服用中止した患者

16) 過去にEPI-589を服用したことのある患者

17) 同意取得前に他の治験に参加し、かつ同意取得時点で他の治験薬投与から30日間経過していない患者(他の治験薬の半減期を5倍した日数が30日よりも長い場合は、半減期の5倍の日数が経過している必要有)又は同意取得時に他の治験に参加又は参加を予定している患者

18) 同意取得前に細胞治療、又は遺伝子治療を受けた患者

19) 治験責任医師又は治験分担医師が本治験への参加を不適当と判断した患者

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

1) 有効性評価項目

ALSFRS-Rスコア変化量及び変化率、治療期開始日からイベント(非侵襲的呼吸補助装置の終日装着、侵襲的呼吸補助装置の装着又は死亡)発生までの期間、%SVCの変化量、MMT合計点数の変化量、握力(左右それぞれ)の変化量、Modified Norrisスケール合計点数の変化量、ALSAQ-40合計点数の変化量

2) 安全性評価項目

有害事象、臨床検査、バイタルサイン、12誘導心電図、コロンビア自殺評価スケール(C-SSRS)

3) バイオマーカー評価項目

CSF中のバイオマーカー(3-NT、8-OHdG、オルニチン、pNfH、NfL)変化量、血漿中のバイオマーカー(3-NT、8-OHdG、pNfH、NfL、クレアチニン)変化量、血中ホモシステイン変化量、プロトン磁気共鳴スペクトロスコピー(1H-MRS)で測定したNAA(クレアチン補正、コリン補正、クレアチン+コリン補正)の変化量、拡散テンソル画像解析によるFractional Anisotropy値、及びApparent diffusion coefficient値の変化量、全脳3DT1強調画像解析


第二結果評価方法

利用する医薬品等

一般名称

EPI-589


販売名

なし