企業治験

骨髄異形成症候群(MDS)の患者に対する経口薬の有効性と安全性を比較する試験

治験詳細画面

目的


骨髄異形成症候群のLowまたはIntermediateリスクの患者に対して、経口アザシチジンとBSCの併用療法の有効性と安全性を評価するための治験を行います。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

骨髄異形成症候群

フェーズ2

参加条件


この治験に参加できる人は、20歳以上で男性でも女性でも構いません。MDSという病気で、リスクが低いか中程度の人で、体力が良好な人が対象です。ただし、悪性腫瘍の既往歴がある人や、骨髄細胞密度が低い人、またアザシチジンやdecitabineなどの薬を使ったことがある人は参加できません。

治験内容


この治験は、骨髄異形成症候群という病気に対する新しい治療法を調べるものです。治験のフェーズは2で、治験の結果を評価する方法として、有害事象の評価や治療の効果を測るための基準を使っています。治験の目的は、患者さんの病気を改善するために、新しい治療法が安全で効果的かどうかを調べることです。

利用する医薬品等


一般名称

CC-486

販売名

ONUREG

組織情報


実施責任組織

ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社

東京都千代田区大手町一丁目2 番1 号

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。