特定臨床研究

糖尿病患者の血糖値を測る方法の比較に関する臨床研究

治験詳細画面

目的


この治験は、糖尿病患者において、侵襲的な方法と非侵襲的な方法で血糖値を測定し、両者の比較を行うことで、非侵襲的な方法の有用性を検証することを目的としています。また、AIモデルを構築して、非侵襲的な方法で測定したデータから血糖値を推定することも検討されます。

基本情報


募集ステータス

募集終了

対象疾患

糖尿病

情報なし

参加条件


この治験に参加するための条件は、18歳以上の男性・女性で、最低5回の採血と血糖値測定ができる患者です。また、治験に参加することについて十分な説明を受け、理解した上で自由意思で同意した患者が対象です。SMBGまたはCGMの機器を所持または装着している患者も参加できます。ただし、血糖値の変化により速やかな処置が必要な患者や、研究責任医師が不適当と判断した患者は除外されます。

治験内容


この治験は、糖尿病の治療方法を研究するものです。治験に参加する人たちは、1型または2型の糖尿病を持っています。治験の目的は、新しい治療方法が有効かどうかを調べることです。治験の結果を評価するために、参加者の血糖値を測定します。静脈から採取した血液の血糖値と、試験機器から推定した血糖値の差異を比較します。また、非侵襲機器から推定した血糖値の変化幅や測定成功件数も評価します。治験に参加することで、新しい治療方法が開発される可能性があります。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

東京慈恵会医科大学附属病院

東京都港区西新橋3-19-18

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。