麻痺性浮腫に対する磁気刺激

臨床研究

目的

本研究の目的は、脳卒中後の手の麻痺性浮腫に対する磁気刺激を用いた治療法が有効であるかをランダム化比較試験により検証すること

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

フェーズ2

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 0ヶ月 0週 以上上限なし


選択基準

藤田医科大学病院または国立長寿医療研究センターのリハビリテーション科に入院している20 歳以上の患者のうち、下記1、2 の両方を満たす患者1.脳卒中の発症後90日以内であり、麻痺側の手に麻痺性浮腫を認めるもの2.全身状態が安定しており、本研究の参加にあたり十分な説明を受けた後に、十分な理解の上に本人または代諾者からの自由意思による文書同意が得られた患者


除外基準

1.全身状態が不安定である患者、ペースメーカを有する方、刺激部位に近接する部位に取り外しのできない磁性体を有する方、3週間以内に退院を予定している方、妊娠している方2.研究責任医師、研究分担医師が不適切と判断した方

治験内容

介入研究


主要結果評価方法

介入前(評価T0)と介入3週後(評価T1)の手の浮腫(容積値)の変化量


第二結果評価方法

手の浮腫(容積値)、手指関節の自動・他動関節可動域、麻痺側上肢運動機能、筋力(握力・つまみ力)、疼痛

利用する医薬品等

一般名称

販売名

組織情報