特定臨床研究

喉頭全摘術における咽頭縫合と永久気管孔作成時の酸素飽和度数測定に関する研究

治験詳細画面

目的


この治験は、喉頭全摘術において咽頭縫合や永久気管孔作成時に、組織酸素飽和度モニターを使用して酸素飽和度数値を測定できるかどうかを調べるものです。

対象疾患


参加条件


募集中

この治験に参加するための条件は、18歳以上で男性でも女性でも構いません。参加するためには、喉頭全摘術の姑息手術または根治手術を予定している患者で、癌の原発部位や組織型に関係なく参加できます。また、登録前に本人から文書にて同意が得られ、同意取得時の年齢が18歳以上である必要があります。ただし、咽頭粘膜縫合のみでは閉鎖が行えず、遊離皮弁を必要とする予定の患者や、糖尿病や心臓病、高血圧症、免疫抑制剤の投与を受けている患者、SPO2が90%以下の患者、閉塞性血管障害が重度の患者、同時に他の手術が必要な患者、医師の判断により不適当と考えられる患者は参加できません。

治験内容


この治験は、喉頭全摘術を受けたがん患者や高度な誤嚥症の患者さんを対象にしています。治験の目的は、手術後の喉の状態を評価することです。治験のフェーズはフェーズ2で、介入研究と呼ばれるタイプの研究です。治験の主要な評価方法は、手術部位から離れた正常な粘膜の酸素飽和度を測定することです。また、トッカーレの使用結果や縫合不全、気管壊死、術前照射の有無なども評価します。治験に参加することで、手術後の喉の状態を詳しく調べることができ、今後の治療に役立つことが期待されています。

治験フェーズ

フェーズ2: 少数の軽度な患者さんが対象

利用する医薬品等

利用する薬品情報はありません

実施組織


静岡県立静岡がんセンター

静岡県駿東郡長泉町下長窪1007番地

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。