2型糖尿病左室拡張不全患者の左室拡張機能に及ぼすトホグリフロジンの効果の検討

目的

2型糖尿病を合併した左室収縮性が保持された心不全患者において、トホグリフロジンによる左室拡張機能に対する改善効果を、SGLT2阻害薬以外の糖尿病薬群とのランダム化比較研究にて検証すること。

基本情報

募集ステータス
募集中

対象疾患

2型糖尿病を合併した左室収縮性が保持された心不全患者


治験フェーズ

フェーズ4

参加条件

性別

男性・女性


年齢

20歳 以上90歳 以下


選択基準

1) 同意取得時の年齢が20歳以上90歳以下の患者

2) 2型糖尿病と診断され、次のいずれかに該当する患者

 1. 糖尿病治療薬の投与開始または変更が必要と判断された患者

 2. 糖尿病治療薬の投与を受けているが、投薬内容の変更が可能な患者

3) 心不全と診断されている患者

 同意取得前26週以内に下記のいずれかを満たす患者を、心不全を呈する患者と定義する。

  1. NYHA心機能分類II以上を呈する患者

  2. 血中BNP値もしくは血中NT-proBNP値が以下の患者(複数回データがある場合は、一度でも満たした場合とする)

   ① 洞調律の患者:血中BNP≧40pg/mLもしくは血中NT-proBNP≧125 pg/mL

   ② 心房細動の患者:血中BNP≧60pg/mLもしくは血中NT-proBNP≧190 pg/mL

  3. 薬物治療を要する心不全既往を持つ患者

4) 同意取得前39週以内の心エコーによる左室駆出率が50%以上の患者(ただし、同意取得までに複数回心エコー検査をしているときは最新の心エコー検査による左室駆出率が50%以上とする。)

5) 本人から文書による同意の得られた患者


除外基準

1) 重度腎機能障害(eGFR 30mL/分/1.73㎡未満)のある患者または透析中の末期腎不全患者

2) 同意取得時のHbA1cが12%以上の患者

3) 同意取得時のBMIが18.5kg/m2未満の患者

4)トホグリフロジンの投与が禁忌の患者(過敏症、重症ケトーシス、糖尿病性昏睡または前昏睡、重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者等)

5) SGLT2 阻害薬の投与歴がある患者

6) 同意取得前13週以内に脳卒中、一過性脳虚血発作の既往がある患者

7) 同意取得前26週以内に急性冠症候群、心筋炎、たこつぼ型心筋症の既往がある患者

8) 同意取得前26週以内に以下の治療を施行した患者もしくは予定されている患者

 1. 冠動脈バイパス術または経皮的冠動脈形成術

 2. ペースメーカ植込み術

 3. 心臓再同期療法

 4. 心臓手術(経カテーテル治療を含む)

 5. 心房細動/心房粗動/心房頻拍に対するアブレーション治療

9) 肥大型心筋症、拘束性心筋症、収縮性心膜炎などに伴って左室拡張機能障害が生じていると考えられる患者

10) 同意取得時にNYHA心機能分類IVを呈する患者

11) 同意取得時にASTもしくはALTが正常値上限の3倍を超える肝機能障害を有する患者(ただし、心疾患に起因するASTもしくはALTの上昇と判断される場合には、総ビリルビン値が3.0mg/dl未満であれば本除外基準に該当しないこととする)

12) 同意取得時に妊婦あるいは授乳中、妊娠企図のある患者

13) 他の介入研究に既に参加もしくは本研究期間中に参加する予定がある患者

14) その他の理由により、研究責任医師または分担医師が本研究への参加を不適当と判断した患者

下記の理由で、被験者が研究薬投与の中止だけでなく、すべての研究スケジュールが出来なくなった場合、研究責任(分担)医師は被験者の研究参加を中止する。

1) 被験者が研究参加の中止を希望した場合

2) 安全性の観点から、研究責任医師が被験者の研究参加の中止が必要と判断した場合

3) 研究全体が中止となった場合

4) その他、研究責任(分担)医師が研究参加の継続が困難であると判断した場合

治験内容

研究のタイプ

特定臨床研究介入研究


主要結果評価方法

僧帽弁血流速波形の拡張早期波高(E)を心臓超音波組織ドプラ法による拡張早期僧帽弁輪速度(e')によって除した値(E/e')のベースライン時からの変化量(研究開始52週後)


第二結果評価方法

≪有効性評価項目≫

※以下、変化量は全てベースライン時からの変化を表す

1) 血中BNP(NT-proBNP)の変化量および変化率(研究治療開始26週後、52週後)

2) 初回複合エンドポイント (心血管死または心血管疾患による入院)の発生率 (研究治療開始52週後)

3) 初回複合エンドポイント(心血管死または心不全による入院)の発生率(研究治療開始52週後)

4) 心血管死の発生率 (研究治療開始52週後)

5) 心血管疾患による入院の発生率 (研究治療開始52週後)

6) 心不全による入院の発生率 (研究治療開始52週後)

7) あらゆる理由による死亡の発生率 (研究治療開始52週後)

8) あらゆる理由による入院の発生率 (研究治療開始52週後)

9) 心不全悪化による心不全治療の追加・増量の発生率 (研究治療開始52週後)

10) NYHA心機能分類の変化量(研究治療開始26週後、52週後)

11) 心臓超音波検査による左室駆出率(LVEF)の変化量(研究治療開始52週後)

12) 心臓超音波検査による左室拡張末期径(LVDd)、左室収縮末期径(LVDs)、左房容積係数、左房径の変化量 (研究治療開始52週後)

13) 心臓超音波検査における僧帽弁血流速波形の拡張早期波高 (E)、心房収縮期波高 (A)、E/Aおよび E 波減衰時間 (DcT) の変化量(研究治療開始52週後)

14) 心臓超音波検査における下大静脈(IVC)径の変化量および呼吸性変動の推移(研究治療開始52週後)

15) 心臓超音波組織ドプラ法による拡張早期僧帽弁輪速度(e')の変化量(研究治療開始52週後)

16) 尿中アルブミン・クレアチニン比の変化量(研究治療開始52週後)

17) eGFRの変化量(研究治療開始52週後)

18) 空腹時血糖、HbA1cの変化量(研究治療開始52週後)

19) 新規心房細動の発生率(研究治療開始52週後)

≪安全性評価項目≫

1) 有害事象

2) 臨床検査値

利用する医薬品等

一般名称

トホグリフロジン水和物錠、トホグリフロジン水和物錠


販売名

デベルザ錠、アプルウェイ錠

組織情報

実施責任組織

阪和第二泉北病院


住所

大阪府堺市中区深井北町3176