特定臨床研究

消化管近接悪性腫瘍に対する、吸収性スペーサと高精度放射線療法の併用による治療の可能性についての研究

治験詳細画面

目的


治験の目的は、消化管近傍悪性腫瘍を持つ患者で、スペーサ留置なしでは根治的な放射線治療が困難な場合に、吸収性スペーサを使った治療の実行可能性と安全性を調べることです。具体的には、周囲の危険な臓器への線量制限を守り、治療を完了することが目的です。

基本情報


募集ステータス

募集中

対象疾患

胆道癌
膵癌
腎癌

フェーズ1

参加条件


この治験に参加できる人は、20歳以上で男性でも女性でも構いません。腹部または骨盤内に悪性腫瘍がある人、放射線治療が必要な人、腫瘍が限局している人、周辺臓器との距離が近い人、スペーサ留置が可能で、治療ができる人、ECOG PSが0〜2で、主要臓器機能が保たれている人、同意書にサインできる人が参加できます。ただし、期待予後が6か月未満の人、既に放射線治療を受けたことがある人、消化管潰瘍や腹水、胸水がある人、金属ステントが留置されている人、ヨード造影剤やガドリニウム系造影剤が使えない人、ポリグリコール酸にアレルギーがある人、留置部位に感染症がある人、または担当者が不適当と判断した人は参加できません。

治験内容


この治験は、膵臓、胆道、腎臓などのがんを対象にした介入研究です。治験のフェーズはフェーズ1で、主要な結果評価方法は、治療前後のplanning target volume V95%(%)の変化です。また、有効性評価項目としては、線量分布や放射線治療の完遂率があり、安全性評価項目としては、全プロトコル期間中に見られた疾病や、治療装置の不具合の有無とその内容が評価されます。

利用する医薬品等


利用する薬品情報はありません

組織情報


実施責任組織

神戸大学医学部附属病院

兵庫県神戸市中央区楠町7-5-2

お問い合わせ情報


この治験に関するお問い合わせ先の情報を表示します。

お医者さまへ


治験の詳細を確認し、患者の方に合致しているかを診断してください

ご確認後、連絡が適切だと判断された場合は上記のお問い合わせ情報から担当の方にご連絡ください

治験を募集している方ですか?


Kibou は治験の募集・情報提供をすることを目的としたプラットフォームです。 治験情報の提供や、被験者の募集について詳しい資料の請求はお問い合わせフォームからお問い合わせください。